このページの本文へ

240mmラジエーターにも対応、スリムながら拡張性も十分

リンクス、CORSAIR「SPEC-ALPHA Black/Yellow」発表

2016年09月30日 18時56分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

CORSAIR Carbide Series SPEC-ALPHA Black/Yellow(ホワイト、シルバー、ブラック、イエローの4カラーバリエーションが用意される)

 リンクスインターナショナルは9月30日、、ATX対応ゲーミングミドルタワーPCケース「CORSAIR Carbide Series SPEC-ALPHA Black/Yellow」を発表。10月8日に発売する。

 フロントに120mmファン×2、リアには120mmファン×1を標準搭載し、最大で5基のファンと240mmサイズの大型ラジエーターに対応。3段階の回転数制御が可能なファンコントローラースイッチも装備する。CPUクーラーは高さ156mmまで対応する。

フロントにはファン制御スイッチ、電源スイッチ、USB、オーディオ入出力を備える

大型ラジエーターを搭載可能なフロント部内側

 サイドパネルにアクリルウィンドウを採用し、LEDライトやパーツディスプレーを楽しめるほか、普段の内部チェックも用意。ツールなしでドライブが取り外しできる3.5インチシャドウベイ×3、2.5インチ専用シャドウベイ×4など豊富な拡張機能を備え、拡張カードスペースは最大380mmを確保。

サイドパネルにはアクリルの透明窓を備える

フレーム裏側配線にも対応しておりケース内エアフローも確保

 対応マザーボードはATX/Micro ATX/Mini ITX。サイズは約幅220×奥行き518×高さ474mm、重量約5.7kg。価格は1万3608円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中