このページの本文へ

Windows/Macに対応し、パソコン単体で編集が可能

ティアック、ハイレゾ音源編集ソフトを無料で配信

2016年09月29日 12時06分更新

文● 田沢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ティアックは9月28日、波形編集ソフトウェア「TEAC Hi-Res Editor」の無料配信を開始した。ティアックのウェブサイトでダウンロードが可能だ。

 TEAC Hi-Res Editorは、ハイレゾ音楽ファイル(DSD/PCM)の編集が可能なソフトウェアだ。Windows/Macに対応し、パソコン単体で編集が可能。DSDは11.2MHz、384kHz/32bitまでのハイレゾ音源に対応する。DSD/PCM相互のファイル変換やサンプリング周波数などの変換機能を搭載。ファイルの分割/結合といった基本的な編集や、画面に表示された波形を見ながらイン/アウト点を直接指定して、変換/書き出しできる。

 TEAC Hi-Res Editorを使用して、USB-DAC/ヘッドフォンアンプ「UD-503」や、ポータブルヘッドフォンアンプ「HA-P90SD」などのDSD対応製品における再生用ファイルの編集もできる。曲間なしで録音されたDSDファイルの曲ごとの分割やファイルの結合、DSDの音源ファイルをPCMにフォーマット変換にも対応している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン