このページの本文へ

edgeデザインで5.7インチでも片手で持てる!

Galaxy Note 7実機動画レビュー、Sペンの進化がスゴイ!

2016年08月29日 17時43分更新

文● つばさ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは。ニコ生MC兼、スマホ総研のつばさです。

 先日、ニコ生で放送された『新鋭スマホGalaxy Note 7を徹底解説!』は御覧いただけましたでしょうか? ゲストのSamsung電子ジャパン糸櫻さんが持って来てくださった『Galaxy Note 7』(グローバル版/現時点で日本発売未定)! せっかくですので、翌日、香港在住の山根博士といっしょに動画レビューしてみました。

 これまでのGalaxy Noteはお世辞でも軽いと感じられなかったのですが、今回のGalaxy Note 7に関しては、大きさの割に、手に持った最初の印象が、「思った以上に軽い!」でした。

Galaxy Note 7

 触らせていただいてイチバン感動したのは、やはりSペンの進化です。

 ニコ生で山根博士が「3本目の自分の指だ!」とおっしゃってましたが、書き心地がいわゆる「スタイラスペン」っぽくないんですよね。ちょっと硬い割りにサラサラと書けるあたりは、鉛筆(2Bとか4Bなどの比較的柔らかい方)やジェルインクのボールペンに近い感覚でしょうか。

Galaxy Note 7

 硬すぎず、柔らかすぎず。ボールペンや万年筆とは違う、ほどよい書き心地が病みつきになりそうです。

Galaxy Note 7 Galaxy Note 7

 ペンがこれまで以上に細くなったからとはいえ、ペンが画面についても、ペン先が当たる音はしませんし、「画面に傷がついてしまうのでは?」という心配はまったくありません。

Galaxy Note 7

 サラサラと高速に書いても、きちんと追従(動作)してくれます。スマホでメモをとる場合、素早く書くシーンが多いと思うので、このあたりも重要なポイントですね。

Galaxy Note 7 Galaxy Note 7

 あと、特にうれしいのが、本体が黒くても指紋が目立ちにくい点!

Galaxy Note 7

 Galaxy Note 7(グローバル版73.9(W)×7.9(D)×153.5(H)mm、重さ約169g)ですが、Galaxy S7 edge(73(W)×7.7(D)×151(H)mm、重さ約158gと大きさを比べてみたところ、それほど変わらないように思えます。

Galaxy Note 7 Galaxy Note 7
Galaxy Note 7 Galaxy S7 edge
Galaxy Note 7 Galaxy Note 7
Galaxy Note 7 Galaxy S7 edge

  手に持ってみたところ、Noteはペンが使いやすい大きさ、S7edgeは片手での操作がしやすい大きさ、という印象を受けました。

Galaxy Note 7

 よく見ると側面のカーブもS7edgeとはちょっと違うんですね。Noteは背面の側面もカーブがかかっています。

 

Galaxy Note 7
Galaxy Note 7(左)、Galaxy S7edge(右)

 そのほか、動画でも触れましたが、虹彩認証が気になります。電車の中でつり革につかまっている時など、片手でサッとログインしたい時などに便利そうです。

 以上、魅力的なGalaxy Note 7が日本で発売される事を祈っております!!


 

※著者および編集部は、技術基準適合証明(技適)を受けていない通信機器の利用を勧めるものではございません。通信機器は各国の法律に基づいて利用してください。各国の法律に反して利用しても、著者および編集部は一切責任を負いません。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン