このページの本文へ

Thermalright「Macho Direct」

Thermalright初のヒートパイプダイレクトタッチCPUクーラーが発売

2016年08月16日 22時40分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Thermalrightから、同社初のヒートパイプダイレクトタッチを採用したサイドフロー型CPUクーラー「Macho Direct」が発売された。

Thermalright初のヒートパイプダイレクトタッチを採用したサイドフロー型CPUクーラー「Macho Direct」

 「Macho Direct」は、その名の通り、6mm径×5本のヒートパイプをダイレクトタッチ式としたのが特徴のサイドフロー型CPUクーラー。ヒートシンクはメモリー干渉を避けるため、後方に位置するように設計。加えてケースのリアファンを利用して、CPUクーラーをファンレスでも運用できるように設計したとしている。

ヒートシンクはメモリー干渉を避けるため、後方に位置するように設計。ファンレス運用も考慮しているという

 採用ファンは140mmの「TY-140」で、回転数は300~1300rpm、風量16.9~73.6CFM、静圧最大125m3/h、騒音値15~21dBAというスペックだ。全体サイズは、117(W)×140(D)×158(H)mm、重量650g。対応CPUは、LGA 2011v3/2011/1156/1155/1150/775、Socket FM2+/FM2/FM1/AM3+/AM3/AM2+/AM2。付属品はバックプレート、固定用ネジ、スタンドオフ、スクリューキャップ、ドライバーなど。

 価格は6480円。パソコンショップアークやツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中