このページの本文へ

もちろんシステムの刷新も重要だ

みずほ銀行、AIチャットボットやAmazon Echoを米国で実証実験

2016年08月16日 12時20分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Amazon Echoを用いた実験(左)とFacebook botを用いた実験(右)

 みずほ銀行は8月15日、Facebook botやAmazon Echoを活用した新たなバンキングサービスの実証実験を米国で進めていると発表した。

 野村総合研究所、電通国際情報サービスと連携した実証実験で、各種金融サービスにAIを活用した会話型インターフェース「CUI(Conversational UI)」を導入することを目的としている。みずほ銀行および野村総研およびISI-DENTSU OF AMERICAが現地開発したプロトタイプを用い、シリコンバレーのベンチャーも参加している。

 Facebook botはみずほ銀行のホームページ上での自動応答で、顧客に手続きを案内するチャットボットとして開発を進めており、Amazonが米国で販売するクラウドAI連携スピーカー、Amazon Echoでは音声操作で残高照会などを行なえる機能を搭載。Amazon Echoでは、米国に出張する日本のビジネスマンに向けた試行サービスも予定しているという。

 同社では、これまでスマホやタブレット、ウェアラブル端末向けのサービス、有人のチャットサービス「みずほMessenger」などを展開しているほか、LINEの活用や接客用ロボットの利用なども積極的に進めている。今後、AI活用チャットボットなどの新しいコミュニケーション開拓を通じて利便性向上を図るとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン