このページの本文へ

Cherry Trail搭載の8型Windowsタブが1万円切り!OS仕様もお好みで

2016年08月04日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Cherry Trail世代の最新プロセッサーを搭載する、中国ONDAの8型Windows 10タブレット「V820W CH」が東映無線ラジオデパート店にて特価販売中だ。OS仕様の異なる3タイプを用意、いずれも1万円切りの9980円で購入できる。

格安のCherry Trail搭載タブレットとして登場した、ONDAの「V820W CH」がさらに安価に。さらにOS仕様が3タイプから選べるようになった

 2015年12月に発売され、当時安価なCherry Trail搭載タブレットとして話題を呼んだV820W CHがお買い得な特価品として販売中。発売時に1.5万円ほどだった端末価格が1万円切りに値下がり、さらに手を伸ばしやすくなっている。

 また、今回の特価セールではOS仕様の異なる3タイプを販売中。当時は32bit版Windows 10 Homeだったところ、今回は64bit版Windows 10 Home、64bit版Windows 10 HomeとAndroid 5.1とのデュアルOS仕様と、使用するアプリや好みに応じて選ぶことができる。価格はどれもまったく同じだ。

OS仕様の違いのみで、基本スペックは変わりなし。HDディスプレーやAtom x5-Z8300、2GBメモリーなどを搭載している

 OS仕様以外に違いはなく、ディスプレーは1280×800ドットの8型IPS液晶、プロセッサーはAtom x5-Z8300(4コア/最大1.84GHz)、メモリー2GB、ストレージ32GBを実装する。詳しい仕様については、以前の発売記事をチェックしておこう。

 なおこの手の中華版Windowsタブレットの定番として、初期OSはマルチランゲージ対応の中文版がインストールされている点には注意が必要。ユーザーによる日本語化も可能だが、ショップでは「OSの言語変更は保証対象外」としているため、ある程度の知識が必要だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン