このページの本文へ

Windows 10とRemix OS搭載のデュアルOSタブレットが1万円以下!

2016年08月19日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10とRemix OSという、珍しい構成のデュアルOSタブレット「V820W CH」が東映無線ラジオデパート店に入荷している。価格は9980円とお手頃だ。

AndroidなのにWindows風に使える、Remix OSを搭載したタブレット。Windows 10 HomeとのデュアルOS仕様で、その他複数のOS仕様モデルも入荷した

 安価なCherry Trail搭載タブレットとして話題になった、ONDA製タブレットV820W CHの派生モデルが登場。64bit版のWindows 10 Homeに加えて、Remix OSを搭載したデュアルOS仕様のモデルが販売中だ。Remix OSはAndroidベースながら、アプリのマルチウインドウ表示に対応。Windowsライクな操作性を特徴としている。

 基本スペックはV820W CHと同等で、ディスプレーは1280×800ドットの8型IPS液晶を採用、プロセッサーはAtom x5-Z8300(4コア/最大1.84GHz)、メモリー2GB、ストレージ32GBを実装している。

マルチウインドウに対応する、Remix OS搭載モデルが安価に手に入るのは嬉しい。なお、基本スペックは従来の「V820W CH」と同等だ

 なお、販売する東映無線ラジオデパート店には、以前にも入荷して完売となっていた、OS仕様の異なる複数のモデルも同時に入荷。32bit版Windows 10 Home、64bit版Windows 10 Home、64bit版Windows 10 HomeとAndroid 5.1とのデュアルOS仕様と、全部で4タイプから選択できる。OSや通信機能については保証対象外ながら、いずれも価格は9980円と安価だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン