このページの本文へ

アスキーストア’s セレクション 第575回

AndMeshでiPhone SEが究極のポケモンGOスマホに

2016年07月28日 21時00分更新

文● アスキーストア

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「スマホ」の名付け親でもあるメディア王アックン・オッペンハイマーが“究極のiPhoneケース”と認めた『AndMesh』シリーズ(参考記事)に待望のiPhone SE(5s、5対応)用が登場です。“硬いのに柔らかい”が特徴の日本製エラストマーを素材に用いた「Apple純正ケースより純正っぽい」iPhone用のみ展開されているマニア御用達のケースです。

 iPhone 6用では素材の調整だけで吸収できそうな6→6sの微妙な違いをも妥協せず、型からつくり直したたうえ、後日さらにブラッシュアップをかけるという(参考記事)呆れるほどのこだわりを見せた岐阜の職人集団が、また1からつくったSE用AndMeshというのですから期待するなというほうが無理な話。さっそく隅々チェックしていきましょう。

カラーはブラック、レッド、グレーを用意。お馴染みのパッケージ

見えない部分もマットな、いわゆる6s版最新仕様を継承

 iPhone 6シリーズと5系のボディー形状は、前者は丸みを帯びていて後者は角張っているとう大きな違いがあります。SE版は、AndMeshを装着した際の持ちやすさを考慮し、丸みを帯びるように設計されています。

ボリュームボタンや電源ボタンを上から押せるようにしつつ、丸みをもたせている

丸みをもたせた影響で、装着すると6のときよりはサイズ感が増すが、SE自体のサイズが小さいのでさほど気にならない

背面デザインはお馴染みのメッシュ。Appleロゴに向けて穴が大きくなっていくという凝ったデザイン

ケースのボタンと本体のボタンに少し距離があるため硬さは増してしまうが、問題なく操作可能。なお、エラストマーは材質上、温度などによっても硬さが変わる

ブラック。カメラ周りの開口部もバッチリ

グレー。ローズゴールドにも合う感じ

底部の抜きも6用とは異なり、細かくつくり込まれている

Lightning周辺は6用よりも大きく取られており、サードパーティー製の大きめの端子でも問題ない

Apple純正ドックとも相性バツグン

角張ったデザインのiPhone SEが、まるで生まれ変わったように手に優しくフィット

 見える位置へのロゴ刻印やストラップ穴など、余計なモノはいっさいありません。純正より純正らしい究極のiPhone SE用ケースであると自信をもってオススメいたします。コンパクトで高性能なiPhone SEに握りやすくて安心保護のAndMeshで究極のポケモンGOスマホになるのではないでしょうか。アスキーストアでもお取り扱いしております、是非ご利用ください。

 アスキーストアでは2700円(税込)で販売中です。詳細なスペック&オンライン購入はこちらでどうぞ(品切れてしまったらすみません)。

純日本製エラストマーケース AndMesh Mesh Case for iPhone SEをアスキーストアで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事
お買い得情報
アスキーストア’s オススメ ベスト10