このページの本文へ

新型の8TBドライブWD Redを搭載して1サーバーあたりの容量をさらに増大

アイ・オー・データの高速NASシリーズに最大48TBの大容量モデルが登場

2016年07月20日 18時41分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
LAN DISK Hシリーズ(HDL6-H48/HDL4-H32EX)

 アイ・オー・データ機器は7月20日、ネットワーク接続HDD「LAN DISK Hシリーズ」およびラックマウントHDD「ZHD4-UTXRシリーズ」に32/48TBの大容量モデルを追加した。

 NAS用に設計開発された熱や振動に強く、信頼性の高いWestern Digital製HDD「WD Red」を採用。WD Redシリーズ最大容量となる8TBドライブを搭載する。LAN DISK Hシリーズでは4ドライブの32TBモデル(50万5440円)と6ドライブの48TBモデル(64万5840円)、4ドライブ32TBのラックマウントモデル(53万7840円)が用意される。

LAN DISK Hシリーズ ラックマウント型4ドライブモデル(HDL4-H32R) 

 ZHD4-UTXRシリーズは19インチラックマウント型の4ドライブで、新たに32TBモデル(69万9840円)がラインナップ。

ZHD4-UTXRシリーズ(ZHD4-UTX32R)交換用ドライブ(HDLH-OP8R)

 それぞれのシリーズに交換・増設できる交換用ドライブ(8TB)は10万7784円。いずれのシリーズも受注生産品となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン