このページの本文へ

両者の強みを活かして市場シェア1位を目指す狙い

アイ・オー・データ機器とWDが外付けHDDで業務提携

2015年04月15日 21時07分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ウェスタン デジタルジャパンとアイ・オー・データ機器が外付けHDD製品について業務提携を発表。写真は左から、ウエスタン デジタルジャパン コーポレート・バイスプレジデント 金森苧氏、米Western Digital Executive Vice President Content Solutions & Worldwide SalesのJim Welsh氏、アイ・オー・データ機器代表取締役社長 細野昭雄氏。

 米Western Digital傘下のウエスタン デジタルジャパンは4月15日、アイ・オー・データ機器と日本国内におけるWD製の外付けHDD製品に関する販売代理店契約を締結したと発表した。

WDは過去10年にわたってアイ・オー・データ機器に内蔵HDD製品を供給してきたが、今回の提携によってさらにパートナーシップが強化されたと説明。

 今回の契約によりアイ・オー・データ機器はWD製の外付けHDD製品であるMy BookシリーズやMy Pasportシリーズ、ネットワークストレージ製品の日本国内における販売を開始する。

 ウエスタン デジタルジャパン コーポレート・バイスプレジデント 金森苧氏は「内蔵HDDを通じた両者の長年のパートナーシップを外付けHDDの分野にも拡大することで、日本国内においてWDブランドが更に強化されることを期待します」とコメントした。

 アイ・オー・データ機器代表取締役社長 細野昭雄氏は、WDとの連携について、「外付けドライブについてもIoTの対象にしていくべきだと考えている。1万円前後といえどもユーザーの大事なデータを預かっているので、WDと連携してクラウドで診断をしたり、ビッグデータを扱うことでユーザーに信頼される市場開拓をしていきたい」と話した。

「日本ではWDの外付けHDDは内蔵HDDのと比べると知名度が低いが、WDは外付けドライブも幅広い製品を出している」と細野氏は説明した。

 米Western Digital Executive Vice President Content Solutions & Worldwide SalesのJim Welsh氏も出席し、米WDが米国で提供しているパーソナルクラウド「My Cloud」をベースにした製品を夏以降に日本向けにも提供していくと話した。

2003年ころに比べてひとりが持つデバイスの数が増えて、デバイスの数が人間の数を超えつつある。Jim Welsh氏は「ビッグデータが大きなビジネスチャンスにつながっていくと考えている」と話す。

 アイ・オー・データ機器 執行役員 事業戦略部 部長 土田智己氏がHDDの事業戦略について説明。市場におけるシェアは現在2位だが、WDとの提携により2014年の金額シェアは31%となり、今後は1位を目指す。

アイ・オー・データ機器は現在市場シェア2位。WDと提携することで市場シェアを拡大していく狙いだ。

 米WDが米国で提供しているパーソナルクラウドストレージ「My Cloud」は、日本で提供する予定はない。My Cloudをベースにした、日本向けのクラウドサービスを夏頃にリリースするということなので今後の展開に注目したい。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン