このページの本文へ

お手頃2in1モバイルノートPC『New Inspiron 13 5000 2-in-1』の性能をチェック

2016年07月21日 10時00分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
メインストリーム向けブランド『Inspiron』シリーズから6月10日にリリースされた13インチ2 in 1モバイルノート『New Inspiron 13 5000 2-in-1』

 デルのメインストリーム向けブランド『Inspiron』シリーズから6月10日にリリースされた13インチ2 in 1モバイルノートPC『New Inspiron 13 5000シリーズ 2-in-1』。比較的安価で、バランスの良いサイズ感から人気を集めているモデルだ。

 編集部に『New Inspiron 13 5000シリーズ 2-in-1 プラチナ・フルHDタッチパネル』が届いたので、今回はベンチマークソフトを使用して性能をチェックしていく。

New Inspiron 13 5000シリーズ 2-in-1 プラチナ・フルHDタッチパネルの主なスペック
CPUCore i7-6500U(2.5GHz、最大3.1GHz)
OSWindows 10 Home
メモリー8GB(DDR4-2133)
ディスプレイ13.3インチ フルHD(1920×1080ドット)
グラフィックスインテル HD グラフィックス 520
ストレージ256GB SSD
光学ドライブなし
インターフェースUSB 3.0×2、USB 2.0×1、HDMI×1、SDカードスロット
本体寸法およそ幅324×奥行き224.8×高さ20.4mm
重量1.6kg
販売価格12万4980円(送料込)

ノートPCとしても満足できる高い性能を発揮!

 New Inspiron 13 5000シリーズ 2-in-1 プラチナ・フルHDタッチパネルは、CPUに最新のインテル 第6世代Core(コードネーム:Skylake)を採用。Core i7-6500U(2.5GHz、最大3.1GHz)は、ノートPC向けCore プロセッサーの上位モデルで、モバイル志向の省電力タイプとなる。

 メモリーは8GBを搭載し、最新のDDR4メモリーで容量的にも余裕があるのが嬉しい。ストレージは256GBのSSD。接続はSATAだが、順次読み込み毎秒500MB程度の速度は出るため、普段使いには十分なスペックと言えるだろう。

『CINEBENCH R15』のCPUスコアは296。ノートPC向けとしては比較的良い結果だ

 CPUの計算性能を計測するベンチマークソフト『CINEBENCH R15』を試すと、CPUスコアが296cb、シングルコアのスコアが125cbという結果に。300cbに迫っており、ノート向けのCPUとしては比較的良好なスコアが出た。

『PCMark 8』のスコアーは3217.DDR4メモリーが高めのスコアにつながったようだ

 PCの総合性能を計測する『PCMark 8』(Home accelerated)のスコアーは3217。CPUにCore i7-6500Uを搭載したモバイルノートPCは多いが、3000超えのスコアーをマークできる機種はそれほど多くない。比較的採用されやすいLPDDR3メモリーではなく、よりデータ転送が高速なDDR4メモリーを搭載したことが、スコアーの伸びにつながったようだ。

『3DMark』の『SKY DIVER』スコアーは3609。ゲーミング向けノートではないが、それほど悪い結果ではない

 グラフィックス性能の計測に特化したベンチマークソフト『3DMark」では、ゲーミングノートPC・ミドルレンジPC向けの『SKY DIVER』で結果を見た。スコアーは3609で、3Dゲームのプレイにはそれほど良い結果とは言えないものの、モバイルノートPCとしては悪くない結果だ。

SSD性能。一般的なSATA接続のSSD並みの性能が出ていると言える

 ストレージ速度を計測する『CrystalDiskMark』の結果を見ると、Q32T1の順次読み込みが毎秒538MBと、一般的なSATA接続のSSDの速度である毎秒500MB前後をしっかり達成できていることが分かる。書き込み速度は毎秒258MB前後とやや低くなっているが、これはフラッシュメモリーの性質上、読み込みに比べて書き込み性能が低いことに加え、容量が少ないほど並列アクセスできるチップが減り、結果的に書き込みが遅くなりがちなSSDの性質によるところが大きい。それでもHDDよりは2倍ほど高速なので、しっかり恩恵はあると言えるだろう。

デル株式会社

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー