このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

国内導入企業が明かす「活用の心得」、OpenStack Days Tokyo 2016基調講演(前編)

JFEスチールがグループクラウドにOpenStackを採用した背景

2016年07月13日 07時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月7日の「OpenStack Days Tokyo 2016」では、「エンタープライズに聞くOpenStack活用の心得。なぜOpenStackの導入を決めたか。」と題する基調講演が行われた。国内のOpenStack導入企業からJFEスチール、NTTドコモ、富士通の各社が登壇し、導入の経緯や活用の実態を紹介した。

 本講前編ではエンタープライズ領域におけるOpenStack採用の現状やJFEスチールの講演の模様を、また後編ではNTTドコモと富士通の講演の模様をお伝えする。

今回のテーマは「エンタープライズにおけるOpenStack活用」
司会進行役を務めた、日本OpenStackユーザ会会長の水野伸太郎氏(NTTソフトウェア イノベーションセンター)グループクラウド「J-OSCloud」におけるOpenStack採用について語る、JFEスチール IT改革推進部の渡邉健太郎氏

OpenStackは“アーリーアダプター”からエンタープライズへ

 司会進行役を務めた日本OpenStackユーザ会会長の水野伸太郎氏は、今回の基調講演では「エンタープライズ」と「破壊的革新と多様性」をキーワードとしたと説明する。

 エンタープライズ(大規模企業/組織)領域におけるOpenStack導入は、この1、2年で急速に進んできた。1日目の基調講演では、OpenStack Foundation COOのマーク・コリアー氏が、すでに米国Fortune 100企業の半数がOpenStackを採用していることを紹介している。

 エンタープライズ領域における採用の加速は、OpenStackの技術的/市場的な成熟度が高まってきたことを示す指標だと、水野氏は説明する。付け加えるならば、OpenStackが半年ごとのリリースで着実に機能を増強し、仮想サーバーだけでなくデータセンターインフラ全体をカバーする能力を持つようになった結果でもあるだろう。

 OpenStack Foundationの年次ユーザー調査によると、2014年段階ではまだ、比較的規模の小さい“アーリーアダプター”の導入が多かった(500人以下規模の企業/組織が過半数)。しかし今年(2016年)の調査では、1000人以上の企業が過半数となり、1万人以上の企業だけに限っても30%強を占めるまでになっている。エンタープライズへの「普及期」が始まっていると言えるだろう。

2014年と2016年のユーザー調査を比較すると、規模の大きな企業/組織での採用が急速に進んだことがわかる

 もう1つの「破壊的革新と多様性」は、OpenStackの導入をビジネス的な成功につなげるためのキーワードだと、水野氏は説明する。今年4月の「OpenStack Summit Austin」では、プライベートクラウド基盤としてOpenStackをグローバル導入したフォルクスワーゲンやAT&Tなどの先進的な成功事例が紹介されたが、そこからは「単にOpenStackというソフトウェアを導入するだけでは、真の価値を手に入れることはできない」という結論も導かれるという。

 「(OpenStackの導入だけでなく)業務フローを含め、抜本的な見直しと革新を進め、さらにオープンソースの多様性を受け入れる。そういった取り組みを成し遂げてこそ、真にOpenStackを導入した『成功事例』だと言える。日本でのそうした成功事例を、本日のキーノートではお届けしたい」(水野氏)

JFEスチール:「もはや手が加えられない」ほど複雑化したITインフラを統合へ

 国内導入企業として最初に登壇したのは、JFEスチール IT改革推進部の渡邉健太郎氏だ。

 JFEスチールは、日本鋼管と川崎製鉄の鉄鋼部門を統合するかたちで、2003年4月に発足した。東日本(千葉、京浜)、西日本(倉敷、福山)の製鉄所、知多の鋼管専門工場と、合計5地域に国内製造拠点を持つ。

JFEスチールは2003年、日本鋼管(NKK)と川崎製鉄の鉄鋼部門を統合して発足

 同社では、「迅速に変化に対応できるグローバルレベルのIT活用先進企業」になるというITビジョンを掲げ、IT改革を進めている。しかし、ここで最大の課題となったのが、これまで個別に構築されてきた製造システムやITインフラだった。

 「(合併した2社、製造拠点5カ所の)それぞれが、それぞれの思想でシステムやITインフラを作り上げてきてしまった。30年も使っているようなプロプライエタリな基盤上で、個別に独自アプリケーションが作り込まれている。古い構造で複雑化しており、もうこれ以上は新規に手を加えられないような状態だ」(渡邉氏)

JFEスチールの掲げるITビジョン(5次中期IT計画)。長年個別に構築/運用されてきた基幹システムの統合を決断

前へ 1 2 次へ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ