このページの本文へ

3Kクラスの360度撮影! 約1.7万円で買える、コスパ抜群な全天球カメラ

2016年07月08日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 安価ながら高解像度で撮影できる、中国SOOCOOブランドの全天球カメラ「CUBE360H」が東映無線ラジオデパート店に入荷している。価格は1万6800円だ。

安価な全天球カメラに高解像度撮影に対応した新モデルが登場。価格も約1.7万円と手頃で、コスパに優れる

 周囲の様子をグルリと撮影できる、360度のパノラマ動画・写真撮影に対応した全天球カメラ。約1.7万円と安価ながら、最大で2880×2160ドットの高解像度撮影に対応している。

 レンズは360°×220°で、動画解像度は2880×2160ドット(24fps)、2048×2048ドット(30fps)、1088×1088ドット(60fps)、動画フォーマットはMP4(H.264)をサポート。メディアにはClass10以上のmicroSDXCカードを使用する。

最大3K相当の360°撮影が可能。なお、マウンターはGoPro互換形状が採用されている
トップには操作ボタンと確認用ウインドウを搭載。こちらは製品に標準で付属する、腕時計型の防水リモコンだ

 そのほか、10m防水機能や無線LAN機能を搭載。対応アプリなどは不明(保証も対象外)ながら、スマートフォンとの接続も可能かもしれない。

 インターフェースは、microSDスロット、microUSB、microHDMIを装備。バッテリーは1200mAhを内蔵し、最大110分(Wi-Fiオフ時)使用できる。パッケージには、腕時計型の防水リモコンや各種マウンター付きだ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン