このページの本文へ

Facebook上で楽曲30秒試聴、シェアできる「Music Stories」

2016年07月05日 15時06分更新

文● 西牧/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Facebookは7月5日、Facebook上で音楽をシェア・試聴できる「ミュージックストーリー(Music Stories)」を日本で提供開始した。

 ミュージックストーリーは音楽定額配信サービスからFacebookに楽曲をシェアする機能。シェアされた楽曲は30秒間試聴できる。2015年に11月に発表され、米国ですでに提供されていた機能が日本でも使えるようになった。

 提供開始に合わせ、日本で定額配信サービスを展開しているAWA、NTTドコモのdヒッツが対応。それぞれのスマホアプリからFacebookのフィードにアップできるようになった。

 このほか海外ですでにミュージックストーリーに対応しているKKBOXも合わせて日本で利用できる。

 注意したいのは定額配信サービスを開始するわけでないということ。フィードに流れてきた曲を聴くとお金がかかる、というわけではなく30秒は無料で聴ける。またFacebook側でマネタイズも考えていないという。

AWAもdヒッツもスマホアプリでアイコンをタップし、公開範囲を選んでテキストを入れてアップするだけ。facebook側ではアプリ、スマホ、PCで試聴可能

 日本で提供開始するにあたり、Facebookの横山 直人氏は2つのサービスとの協力を選んだ理由として「AWAさんはユーザーが自分たちでプレイリストを作成し、それをシェアするという独自のサービス。一方dヒッツさんは定額配信サービスとしては日本で最大」という点を挙げた。どちらも広くシェアするというFacebookの考えに近いそうだ。

Facebookの横山氏

 また発表の場に登壇したAWAの小野 哲太郎氏は「3500万曲聴き放題の中で、提供しているサービス側と知っている曲だけを楽しむユーザーとのかい離がある。今回Facebookでやることは、(ユーザーが知らないけれど)好きな曲を聴いてもらえること、またAWAを使ってない人にも聴いてもらえることが大きい」と話す。

 さらに「アーティストのみなさんにミュージックストーリーについて話すと、『新曲を自分のフィードにアップすれば聴いてもらえるのはいままでにない』と言っていた」と、アーティストからの注目の高さもうかがえるエピソードを展開。

 NTTドコモの大島 直樹氏は「サービスのすそ野が広がった分、すべての楽曲を楽しんでもらうのは課題。Facebookでシェアされたた音楽をdヒッツで聴く、いままで知らなかったお気に入りの音楽に出会える。こういうことを期待したい」と話した。

AWAの小野氏
NTTドコモの大島氏

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン