このページの本文へ

アクションカムなどの4K動画撮影、空撮ドローン、スマホの拡張ストレージなど

サンディスク、世界最速256GB microSDXCカードを発表

2016年07月01日 16時59分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

SanDisk Extreme microSDXC UHS-I card 256GB

 サンディスクは6月29日、microSDXCカードの「Extreme」および「Ultra」のラインナップに最大容量となる256GB製品を追加すると発表した。

 Extremeシリーズの最大容量モデルは「256GB SanDisk Extreme microSDXC UHS-I card」。256GBのほかにも200MB容量が新たに追加される。書き込み速度は90MB/秒と、既存最大の60MB/秒(128GB製品)よりも高速。読み出し速度は最大100MB/秒。UHS Speed Class 3(U3)およびUHS Video Speed Class 30(V30)に対応する。256GB容量を用いれば、4K UHD動画を推定14時間記録可能。

 また、Ultraシリーズでは「256GB SanDisk Ultra microSDXC UHS-I card. Premium Edition」と呼ばれるモデルも追加される。容量は256GBと200GBの2製品で、読み込み速度は256GB版が95MB/秒で200GB版が90MB/秒。Video Speed Class 10に対応する。

SanDisk Extreme microSDXC UHS-I card. Premium Edition

 いずれも4K動画撮影などの大容量データの高速書き込み用途に適しており、4K撮影やドローン空撮といった各種撮影に加えて、スマホ用拡張ストレージなどの用途に適している。 両製品とも同社のカード製品と同じく耐水性能や耐寒耐熱性能、耐衝撃性能、耐X線性能を持つ。

 Extremeは容量256GBが199.99ドルで、今年第4四半期の発売。Ultraの256GB版は149.99ドルで、8月発売となる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン