このページの本文へ

iOSで使いやすいLightnig端子搭載型とWi-Fi機能付き

サンディスク、使い勝手のよいUSBメモリーに256GBモデルを追加

2017年03月01日 10時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Lightning端子でiPhoneに装着したときに本体の後ろに回せるユニークな「iXpand Flash Drive」(左)とキャップを取ればUSBに挿せる「SanDisk Connect Wireless Stick」(右)

 サンディスクは2月27日、同社のスマホ用ストレージ「iXpand Flash Drive」および「SanDisk Connect Wireless Stick」に新たに256GBモデルを追加した。

 iXpand Flash DriveはUSB端子とLightning端子を持つUSBメモリーで、iPhoneなどiOSデバイスとPCで利用するのが便利なフラッシュメモリー。Lightning端子で装着した際にiPhoneの裏側に回って邪魔にならない独特のU字型に曲がった形状を採用している。

 SanDisk Connect Wireless Stickはスティック形状の本体内にメモリーのほかWi-Fiやバッテリーを内蔵し、ワイヤレスで利用できるフラッシュドライブ。USB端子を備えてPCとの有線接続のほか充電に利用する。

 これまで両機種とも最大容量は128GBだった。米国の販売価格はいずれも280ドル前後(国内での発売時期・価格は未定)。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中