このページの本文へ

いつも見ているネットは表面1%の薄皮一枚!

普通のブラウザーではアクセスできない「ダークウェブ」とは?

2016年07月11日 11時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ダークウェブではあらゆる違法商品が公然とやり取りされている

 ダークウェブにはありとあらゆる違法コンテンツが集まっている。「Gun」で検索すれば大量の拳銃が見つかるし、「coke」で検索すればコカインがヒットする。コンピュータウイルスもコンピュータウイルスの作成キットも手ごろな価格で販売されている。支払いはビットコインなので、こちらから足が付く可能性も低い。違法商品を探すために、複数のオークションサイトを串刺し検索できる「Grams」というサイトまである。

Torでのアクセスを前提にしたサイトはドメインが、「.onion」になっているのが特徴

 ちなみに、ドメインの最後は「.com」などではなく「.onion」となっている。ちなみに通常のブラウザでダークウェブを表示できないが、Torブラウザーから普通のウェブサイトを開くことはできる。

onionちゃんねるでは、日本の薬物取引が活発に行われている

 ダークウェブのほとんどは外国語サイトなのだが、日本語のサイトもある。活発に活動しているのは、2ちゃんねる風の掲示板サイト「Onionちゃんねる」。ほとんどがドラッグの売買に関する書き込みだが、中には銀行口座や身分証明書などを扱う書き込みもある。使い方は2ちゃんねると同じで、誰でも利用できる。最近は、「Twitterの乗っ取り方を教えてください」といった幼稚な書き込みが増え、初心者が興味本位でダークウェブを使い始めていることがわかる。

各種ドラッグやコンピュータウイルスも販売されている

 ところで、ダークウェブにはGoogleのような検索サイトはない。ロボットが巡回してインデックスを作れるようなところではないからだ。では、どうやって目当てのウェブサイトを探すのか。これはもう腕もしくは人脈だ。

 1990年代前半のインターネット黎明期には、Googleなどの検索サイトはなかった。ウェブサイトにアクセスするにはリンク集を辿っていたものだ。ダークウェブも基本的には同じ。目指すサイトの存在とURLを入手する必要があるのだ。これにはいろいろな方法が存在するが、ここでは触れない。

定番のリンク集。有名であればあるほど、リンク先は使い物にならない傾向にある

 たくさんお客さんに来て欲しい大手のショッピングモールなら比較的URLを入手しやすいし、どうしたって手に入らないURLもある。例えば、ISISは動画や画像をダークウェブで共有していると言われている。そのURLは組織内でトップシークレットとして扱われており、一般ユーザーが知るすべはない。

 また、一般的なインターネットと同じようなサービスを期待しているなら肩すかしを食らうかもしれない。ダークウェブのサイトは、金儲けか物々交換を目的としている。閲覧数を増やして悦に入るような人はほとんどいないのだ。つまり、サービスを受けたいなら、ビットコインでお金を払うか、同種のコンテンツをアップロードしてポイントを集める必要がある。違法コンテンツの場合は、この時点でアウト。逮捕される可能性が発生してくる。

 ダークウェブは匿名性が高いというだけで、ダークウェブそのものは違法ではない。実は、Facebookはダークウェブにもページを持っている。これは、政府が通信を監視してコントロールしようとしているケースを想定している。インターネット回線さえあれば、ダークウェブ経由で政府に知られずに通信できるというわけだ。

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン