このページの本文へ

もはや死角なし! arrows NXをAndroid 6.0にアップデートしてみた

2016年06月25日 17時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
アップデート中の「arrows NX F-02H」

アップデート中の「arrows NX F-02H」

 さる6月21日、筆者の愛機「arrows NX F-02H」のAndroid 6.0へのOSアップデートがついに実施された。

 2月にアップデート対象機種が発表されてから早4ヵ月。ほぼ毎日ドコモのサポートページを確認するほど密かに待ち望んでいたので、早速アップデートしてみた。

 F-02Hを簡単に紹介すると、2015年12月に発売されたarrowsシリーズのフラッグシップ機で、虹彩認証が話題となった。米国国防総省の調達基準(MIL-STD-810G)の14項目をクリアした堅牢ボディーや、4K動画撮影が可能なカメラ、フルセグ、ワンセグを内蔵しおサイフケータイにも対応する万能性も特徴だ。ディスプレーは1440×2560ドットの5.4型液晶パネルを採用し、3390mAhのバッテリーを内蔵する。

「端末情報」から「ソフトウェアアップデート」を選ぶ

「端末情報」から「ソフトウェアアップデート」を選ぶ

アップデート内容が表示される

アップデート内容が表示される

 さて、アップデートは待っていれば通知が来たかもしれないが、今回は一刻も早く試したかったので、設定メニューから「アップデート」の項目を探し出して実行した。

アップデートが完了すると「おめでとう」と表示される

アップデートが完了すると「おめでとう」と表示される

アップデート前は5.1.1だった

アップデート前は5.1.1だった

アップデート後(右)は6.0.1になっている

アップデート後(右)は6.0.1になっている

 アップデートにかかる時間は、Wi-Fi利用で約45分。アップデートが完了しても、ホーム画面に特段の変化もなく、何か変わったような感じはしない。しかし、機能面でいくつか追加されている。

ASCII.jpのarrowsのレビューページを表示

ASCII.jpのarrowsのレビューページを表示

ホームボタンを長押しすると関連ワードが表示される

ホームボタンを長押しすると関連ワードが表示される

 まずは「Now on Tap」機能。アプリで何か表示している時、ホームボタンを長押しすると関連する情報が表示される機能だ。たとえばウェブブラウザーでF-02Hの記事を表示してホームボタンを長押しすると、メーカー名(富士通)や虹彩認識、MIL規格といった項目が表示され、選択すると検索結果が表示される。

「電池」の設定で「電池の最適化」というメニューが利用できる

「電池」の設定で「電池の最適化」というメニューが利用できる

アプリごとに最適化するかしないかを選択可能

アプリごとに最適化するかしないかを選択可能

セキュリティーアプリでは注意文が表示された。最適化しないことを推奨しているように見える

セキュリティーアプリでは注意文が表示された。最適化しないことを推奨しているように見える

 続いて、消費電力の最適化。これはアプリごとに電力消費を最適化できる機能、とのことだが、具体的に何をしているのかはよくわからない。おそらく非アクティブなアプリのバックグラウンド動作を制限するものではないかと思う。

 なお、アップデート後、ほとんどのアプリは「最適化する」設定になっていたが、セキュリティーアプリなどは最適化設定だと完全に保護機能が働かない可能性がありそうなので、最適化しない設定に切り替えた。

アプリのインストール時に表示される利用する機能

アプリのインストール時に表示される利用する機能

「アプリの設定」からアプリの権限を選択。スマホの機能ごとに項目が並ぶ

「アプリの設定」からアプリの権限を選択。スマホの機能ごとに項目が並ぶ

「カメラ」を選ぶと、カメラ機能を利用するアプリが表示される。機能を利用不可にもできる

「カメラ」を選ぶと、カメラ機能を利用するアプリが表示される。機能を利用不可にもできる

 端末管理メニューの「アプリケーション」では、「アプリの権限」のオン/オフができるようになっている。SMSやカメラ、センサーといったF-02Hの基本機能について、これらを利用するアプリが一覧表示され、アプリごとに使うことを許可するかしないかを選択できるようになった。

左がアップデート前、右がアップデート後のカメラアプリ。シャッターボタン横にカメラ切り替えボタンが追加された

 カメラアプリでは、インカメラとアウトカメラの切り替えアイコンが撮影画面に表示されるようになり、切り替えが簡単になった。

「ダウンロード」で一括してデータの閲覧が可能に

「ダウンロード」で一括してデータの閲覧が可能に

 このほか、「ダウンロード」というアプリが追加され、これまでダウンロードしたデーターを簡単に参照できるようになっている。

 個人的にうれしいのは、アプリの権限管理とカメラ切り替え、ダウンロードアプリの追加だろうか。

 これまでアプリインストール時に確認するだけだった機能の利用権限について、後からオン/オフできるのは安心だ。

 また、カメラの切り替えがアプリのメニューを呼び出さなくてもできるようになったのは便利だし、ダウンロードしたデーターを簡単に開くことができるのも、かなり助かる。

 こうなってくると、機能面においてF-02Hの不満点が思いつかない。本体価格と維持コストが高め、というのはあると思うが……。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン