このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

MIL規格14項目クリアで、安心して毎日持ち歩ける頑丈スマートフォン

サクサク動作がイイ!! 虹彩認証の富士通「arrows NX F-02H」を使ってみた!

2015年12月10日 11時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモの最新冬春モデル、2015年12月4日発売の富士通「arrows NX F-02H」は、米国国防総省の資材調達基準「MIL」規格に準拠する14項目の試験をクリアしたというタフネス性能を大幅に向上させたスマートフォン。ハードアルマイト加工により耐傷性を2倍に向上させたほか、背面にナノテクファイバー素材を採用、幾何学的な美しい織り目の奥行き感、さらに薄さと強度の両立を実現している点がポイントだ。

「arrows NX F-02H」

 富士通のarrows NXシリーズらしく、スペックの点でも抜かりがない。約5.4インチIPS-NEO液晶ディスプレイの解像度は1440×2560ドット(WQHD)。虹彩認証「Iris Passport」(アイリス パスポート)や3G/LTE回線と無線LAN回線を組み合わせたマルチコネクション機能などは前モデルを継承し、リア約2150万画素カメラは従来の約半分の時間となる高速オートフォーカスを実現。CPUはヘキサコアのSnapdragon 808(1.8GHz×2+1.4GHz×4)、メモリーが約3GB、ストレージが約32GB。下り最大225MbpsのPREMIUM 4Gに対応しVoLTEもサポートする。ワンセグ/フルセグ(録画可)、ハイレゾ、おサイフケータイ/NFC(FeliCa)対応などなど、全部盛りといっていいほどの高機能ぶりだ。

 本体サイズは約75×154×7.9mm、重量は約167g。カラバリはIris GreenとBlack、Whiteの3色だ。

幅約75mmと手に持ちやすいサイズ。本体の四隅に半径2mmの丸みを付けており、長時間握っても違和感がないよう配慮されている

arrows NX F-02Hは、背面の美しさにも注目してほしい。ナノテクファイバー素材を採用しており、幾何学的な美しい織り目の奥行き感、薄さと強度を両立している

左側面。約7.9mmと、前世代の機種から約10%薄型化している

カバー内には、microSDXCカードスロット(200GB対応)、microUSBスロットを配置

右側面。中央にあるのが電源ボタン。その左隣がボリュームボタン

カバーを開けると、nanoUIMカードスロットが見える

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン