このページの本文へ

トランスコスモス、中国EC向け流通企業に追加出資

文●通販通信

2016年06月21日 06時54分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 トランスコスモス(株)は20日、中国のEC向けの流通企業「優趣匯(上海)供応鏈管理有限公司(UNQ)」に追加出資し、資本・業務提携を強化すると発表した。今回の追加出資で、同社の出資比率は26.3%から39.9%となり、UNQの社長に次ぐ第2位の株主となった。

 トランスコスモスは2015年3月にUNQと資本・業務提携し、EC向け流通事業者という立場で中国EC商流に参画してきた。UNQとの提携強化で、トランスコスモスの顧客である日本企業の商品を、中国大手オンラインリテーラーを通じて販売する。

 UNQは、資生堂・コーセー・サンスター・ユニチャームなどの日本ブランドを中心としたEC向け流通事業者で、ブランドや販社から正式な販売代理権を得て、「JUMEI」「JD.com」など中国の大手オンラインリテーラー向けに卸・販売促進を行っている。また、TMALLでのブランド旗艦店や、UNQの自社旗艦店を運営し、中国の消費者に向けたBtoCも行っている。日本からの越境ECモデルを構築しており、中国で日本ブランドの販売を拡大している。

 中国最大規模のEC向けコスメ・パーソナルケア・食品流通事業者で、近年大きく売上を伸長し、20年には売上が600億円を上回る計画となっている。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く