このページの本文へ

G-Tune「NEXTGEAR」「MASTERPIECE」

Broadwell-EとGTX 1080を組み合わせた最強クラスゲーミングPC

2016年06月01日 14時02分更新

文● 鈴木誠史/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「MASTERPIECE」シリーズ

 マウスコンピューターは6月1日、G-TuneブランドのゲーミングPC「NEXTGEAR」シリーズと「MASTERPIECE」シリーズのラインアップに、Broadwell-E搭載モデル4機種を追加した。同日から販売を開始している。

 最上位モデルは、最大10コア/20スレッドに対応するCore i7-6950X エクストリーム・エディションを搭載。従来モデルの最大8コア/16スレッドよりも同時実行パフォーマンスが向上し、マルチスレッドに最適化されたゲームなどのアプリケーションをさらに高速に快適に実行できるという。

 また、エントリーモデルを除く3機種はNVIDIAの最新GPU「GeForce GTX 1080」を搭載。広帯域のデータ転送性能に優れたX99 Expressチップセットを搭載することで、CPUやGPUが処理する大容量データを効率よく制御し、パフォーマンスを最大限引き出せるという。

マウスコンピューターによるベンチマーク結果。前世代CPU+GPUのグラフィックス処理性能を約33%上回っている

「NEXTGEAR i850SA6」

 エントリーモデル「NEXTGEAR i850SA6」は、Core i7-6800K(6コア、3.4GHz/最大3.6GHz)、GeForce GTX 960、16GBメモリー、240GB SSD、DVDスーパーマルチドライブを搭載。価格は17万7984円だ。

 最上位モデル「MASTERPIECE i1585GA5-SP3」は、Core i7-6950X エクストリーム・エディション(10コア、3.0GHz/最大3.5GHz)、GeForce GTX 1080、128GBメモリー、960GB SSD、Blu-ray Discドライブという構成で、価格は56万1384円。

カテゴリートップへ