このページの本文へ

山田養蜂場、スマホアプリ「bolome」で越境EC開始

文●通販通信

2016年05月30日 08時24分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

bolomeアプリ画面 越境EC事業を展開する(株)bolome(ボウロウミイ)は27日、スマートフォンアプリ「bolome」で、(株)山田養蜂場の健康食品や化粧品を中国の消費者に向けて販売すると発表した。

 「bolome」はライブ中継が最大の特長で、第一弾として30日に山田養蜂場東京八重洲店で生放送を実施し、ローヤルゼリーやプロポリスなどの健康食品や、化粧品「ハニーラボ」シリーズを販売する。

 「bolome」は中国の消費者に向け、日本と韓国の化粧品、日用雑貨、健康食品、ベビー用品など5000点を超える商品を販売する「越境EC」アプリ。独自のマーケットプレイスで商品の仕入れから販売までを行っている。2015年7月にサービスを開始してから2カ月で2億円を突破し、12月には10億円の売上を達成した。中国最大の検索エンジンポータルの「百度」と資本・業務提携を結んでいるほか、これまでに約52億円の資金を調達している。

 ■「bolome」

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く