このページの本文へ

4Kテレビ環境を10万円前後で整える! 第3回

5万円以下でも買える! 安いPC用4Kモニターをテレビにする

2016年05月28日 10時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

フルHD×4の4画面表示も可能
JAPANNEXT「JN-T2820UHD」

JN-T2820UHDにBDレコ(東芝の「DBR-T670」)を接続してみた

JN-T2820UHDにBDレコ(東芝の「DBR-T670」)を接続してみた

 JAPANNEXTの「JN-T2820UHD」は、TN方式の28V型液晶パネルを採用した4Kモニター。画面の表面処理はノングレアとなっている。

 10bit/10.7億色の豊かな色再現を可能にしているのが画質面での特徴だ。また、スマホやタブレットなどとのMHL接続にも対応しており、スマホの画面をモニター表示することもできる。内蔵するステレオスピーカーは出力が4W+4Wとなっている。

BDレコとPCをそれぞれHDMIで接続した状態。4系統の入力をすべて接続すれば4画面のマルチ表示が可能だ

BDレコとPCをそれぞれHDMIで接続した状態。4系統の入力をすべて接続すれば4画面のマルチ表示が可能だ

 モニターならではのユニークな特徴としては、マルチウインドウ表示に対応していること。DisplayPort 1.2、DVI-D、HDMI 1.4、HDMI 2.0の各入力の映像を4画面同時表示できる。フルHDのデスクトップを表示しながら、ゲーム画面やBD/DVDの映像を表示するようなユニークな使い方ができるのだ。

背面にある接続端子。DVI、HDMI 1.4、HDMI 2.0、DisplayPort 1.2の合計4つの入力とオーディオ入出力端子を備える

背面にある接続端子。DVI-D、HDMI 1.4、HDMI 2.0、DisplayPort 1.2の合計4つの入力とオーディオ入出力端子を備える

 また、安価なモデルながら付属する接続ケーブルが充実している。HDMIケーブルやDVI-Dケーブル、DipayPort-Thunderbolt変換ケーブルが付属しており、ケーブルを別途用意することなく、iMacなどとも接続できる。

フルHD映像もスケーリングされて
画面いっぱいに表示される

入力信号の状態を表示したところ。1080p入力時でも、2160p入力時でも、スケーリング機能で画面いっぱいに映像が表示できた

 まずは地デジなどのテレビ放送をフルHD解像度出力で表示してみた。フルHD信号を4K解像度のアップコンバートして表示するスケーリング回路も内蔵しており、画面いっぱいに地デジのHD画面が表示された。

 4K出力が可能な機器だけでなく、一般的なBDレコやゲーム機などを接続しても、画面いっぱいに表示できるのはありがたい。

 ただし、モニター側のアップコンバート表示は薄型テレビのような特別な映像処理を行なっているわけではないようで、精細感は十分だが、少々ノイズが目に付きやすくなるのが残念。色の再現は十分で、ノングレアパネルのせいもあってやや沈んだ色に感じるが、モニターライクなリアル志向の色再現と言える。

画質調整の画面。明るさ、コントラストなど標準的な調整項目が揃っている。ブルーライトをカットする機能も備える。色関連の調整では色温度などが調整可能だ

画質調整の画面。明るさ、コントラストなど標準的な調整項目が揃っている。ブルーライトをカットする機能も備える。色関連の調整では色温度などが調整可能だ

 画質調整は、画質モード的なものは備えないが、基本的な画質調整は一通り備わっている。デフォルトの状態でも明るさ、コントラスト感ともに十分だったが、好みに応じて調整すればより好みの映像になるだろう。

 LEDバックライトを使用するモニターで採用されることの多いブルーライトカット機能も備える。試してみたが、かなり大胆に青色成分をカットするようで、色温度がかなり低くなる。まるで映画モードのような低い色温度になるので、本来の目的とは異なるが映画モード的に使うのもよさそうだ。

4Kコンテンツの表示はできないが
BDレコのアップコンバート機能が使える

 さて、肝心の4Kコンテンツの映像だが、4Kチューナーと接続してみると映像が表示されない。HDMI 1.4とHDMI 2.0の端子を間違えたかと思ったがそうでもないようだ。ホームページでの記載を確認するとHDCP 2.0対応ということだ。4Kコンテンツを表示するにはHDCP 2.2対応が必須なので、残念ながら非対応ということになる。

 4Kチューナーの映像を試せなかったので、手持ちのBDレコ「DMR-BZT9600」を使って4K映像を試してみた。BZT9600は4K/60pのアップコンバート機能を備えるので、地デジ放送なども4K/60pの映像で出力できるのだ。

 こちらで見てみると、地デジ放送はノイズ感が目立つこともなく、精細感の豊かな映像が楽しめた。4Kテレビとしてはちょっと小さい28V型ということもあり、みっちりと詰まった凝縮感のある映像はなかなか見応えがある。

 BDレコ側で4Kアップコンバートした方が表示される映像の質も向上する。予算に余裕があるならば、4Kアップコンバート機能を備えたBDレコを組み合わせれば、BDなどの映画もより緻密な映像で楽しめるだろう。

 HDCP 2.2に対応していないのはちょっと残念だが、価格はおよそ4万円とかなり安価で、4画面マルチ表示などユニークな機能もあり、テレビだけでなくPCでも4Kの広いデスクトップを実現したいという人には十分に魅力のあるモデルと言える。

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画