このページの本文へ

アサヒ飲料は4月末で40台を展開。本年中に300台の設置をめざす

自動販売機「ふつ~う」ボタン追加? 常温飲料が買えるように

2016年05月18日 15時57分更新

文● コジマ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 最近、コンビニエンスストアなどで常温飲料の専用コーナーを目にするようになりました。水分は摂りたい、でも身体の冷えが気になる……という層、とくに女性を中心に需要が高まっているそうです。

 アサヒ飲料は、ホット(約50度)とコールド(約5度)の2つの温度帯に加え、新たに常温(約20度)の飲料を提供できる自動販売機の設置を、2016年より展開しています。

 4月より設置を順次開始し、月末時点で40台を設置。常温の需要が高まる夏に向けてビルやオフィス内を中心に設置を強化し、本年中に300台の設置をめざすのだとか。

 これらの自動販売機では「おいしい水」「アサヒ 十六茶」「なだ万監修 旨みの日本茶」といったミネラルウォーターや茶系飲料を常温で提供しています。常温飲料の売り上げが全体の約2割を占める設置先もあるそう。

 自動販売機といえば「つめた~い」「あたたか~い」でしたが、第3の選択肢「ふつ~う」が加わるのでしょうか。ちなみに、アサヒ飲料の自動販売機では「常温」というシンプルな表記になっているそうです……。

 喉が渇いたけどお腹を冷やしたくない、というニーズは、男女問わずあるものです。一層の普及を期待しましょう。


コジマ

1986年生まれ。担当分野は「なるべく広く」のオールドルーキー。生来の不器用さと心配性を周りからツッコまれつつ、原稿や取材などと格闘している。

人気の記事:
「カシオの1000円腕時計“チプカシ”を買う シンプルこそパワー」「なにこれヤバイ! 『パラッパ』『Rez』並の衝撃『PlayGround』」「【閲覧注意】オオグソクムシと幻のカニを食べる 高田馬場『米とサーカス』」

カテゴリートップへ

ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!