このページの本文へ

ベネッセHD、会員数減少で82億円の純損失

文●通販通信

2016年05月12日 09時40分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 (株)ベネッセホールディングスが11日発表した2016年3月期決算は、売上高が前期比4.1%減の4441億9000万円、営業利益が同62.8%減の108億6200万円、82億1100万円の純損失となった。

 介護・保育カンパニーが増収増益となったものの、個人情報漏えい事故による営業活動の自粛などで「進研ゼミ」「こどもちゃれんじ」の会員数が減少し、減収減益となった。国内教育カンパニーは、売上高が同13.2%減の2206億2700万円、営業利益は同85.5%減の37億3400万円となった。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く