このページの本文へ

個人、組織とも一定の月額料金で幾つでもプライベートリポジトリを利用可能に

GitHub.comのプライベートリポジトリが「個数無制限」に

2016年05月12日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GitHub(ギットハブ)は5月11日、オランダで開催中のプライベートイベント「GitHub Satellite」において、GitHub.comにおけるプライベートリポジトリの「無制限化」を発表した。リポジトリ個数に限らず、個人は月額7ドル、企業や組織は月額25ドル(最初の5ユーザーまで)で利用できるようになった。

プライベートリポジトリの「無制限化」はGitHubの公式ブログでも発表されている

 これまでGitHub.comのプライベートリポジトリを利用する場合は、個人/組織とも、リポジトリ個数に応じた月額料金が設定されていた。たとえば個人の場合、プライベートリポジトリ5個で7ドル/月、10個で12ドル/月、20個で22ドル/月、50個で50ドル/月という料金体系だった。

 今回、GitHubではこの制限を撤廃し、料金プランは個人(Personal)の7ドル/月と、組織(Organization)の25ドル/月(6ユーザー以上の場合は1ユーザーあたり9ドル/月を追加)の2種類のみに整理された。プライベートリポジトリに共同開発者を招待することも可能。

 発表によれば、これまで有料プランを利用してきた個人アカウントについては、今後数日のうちに自動的に新プランへと移行される(日割りで値引きが行われる)。

 一方で、組織アカウントの場合は、現在のところ自動移行のスケジュールは決まっていない(自動移行を実施する場合は最低でも12カ月前に通知する、としている)。利用者は、移行検討中は現在のプランを継続して利用でき、新プランに移行したい場合には、GitHubのサイトからいつでも移行ができる。

 なお、すべてのユーザーに公開されるパブリックリポジトリや、オープンソースプロジェクトは、従来どおり無料で利用できる。

カテゴリートップへ

ピックアップ