このページの本文へ

映画などの本格業務に向けて信頼性を向上

DJI、次世代の空撮用大型ドローン「Matrice 600」を発表

2016年04月18日 18時30分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Matrice 600

 DJIは4月17日、大型の業務用空撮ドローン「Matrice 600」を発表した。

 Matrice 600は業務用の空撮に用いる6ローター機で、最大積載重量は6kgという大型機。同社インテリジェントバッテリを6個搭載した冗長性の高い電源系統を装備するほか、フライトコントローラーも拡張可能な新モデルとなり、GPSやジャイロは3系統を装備して統合した飛行制御が可能。また、リアルタイム映像伝送システムLightbridgeも機能アップし、HD映像のライブストリーミングも可能としている。

3軸制御可能なジンバルシステムを採用する

 各種カメラを装着できるジンバルシステムを装備しており、同社のカメラシステムZenmuse X5を搭載するならば36分間の飛行が可能。価格は56万1600円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン