このページの本文へ

BS(右旋・左旋)、CS(右旋)の広帯域放送にいちはやく対応

マスプロ、将来的なBS左旋(4K・8K放送)対応の受信機を発売

2016年04月08日 19時03分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ORD7BCTR3」

 マスプロ電工はCATV、BS(右旋・左旋)、CS(右旋)を受信可能な受信機「ORD7BCTR3」を発表。4月11日に発売する。

 2018年の放送開始予定の4K・8K衛星放送では、放送波は110°CSの左旋円偏波で放出される予定であり、受信には左旋偏波に対応した受信機(V-ONU)が必要となる。ORD7BCTR3はCATV帯域は70~770MHz、BS(右旋・左旋)とCS(右旋)は1000~2681MHzに対応する。

 また、無線LANを用いる電子機器から影響を受けないように、とくに2.4GHz帯域でのシールド性を向上させて対策を図っている。サイズは幅122×奥行き59×高さ200mm、重量約640g。屋内・屋外両用。価格はオープンプライス。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン