このページの本文へ

メール内にノートを埋め込む機能も

EvernoteとOutlookが連携、受信ファイルも直接ノートへ

2016年04月08日 14時11分更新

文● 鈴木誠史/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Outlookで受信したメールをEvernoteに保存できる

 Evernoteは4月8日、Outlookで受信したメールと添付ファイルをEvernoteに保存できる連携機能(アドイン)「Evernote for Outlook」の提供を開始した。

 Evernote for Outlookは、Outlook.comの最新バージョンやOutlook 2013、Outlook 2016、Outlook on the webおよびOffice 365に対応するアドイン。添付ファイル含むメールを単体またはスレッドごとに、任意のノートブックに整理できる。Mac版「Outlook 2016」の場合、現時点ではEvernoteにメールを保存する機能のみ利用可能だ。

 タグやコメントの追加も可能で、保存したメールは編集可能なノートとしてEvernoteアカウントに保存される。

メール本文内にノートを埋め込む機能も

 また、Outlookで送信するメールにEvernoteのノートを添付できる機能も追加した。添付したノートの抜粋がメール本文中に表示され、受信相手はその抜粋部分をクリックするとブラウザーでノートの全体を閲覧できる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン