このページの本文へ

フルサイズ対応! ソニーが3万円台単焦点&300mm望遠レンズを発表

2016年04月08日 10時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「FE 50mm F1.8」を「α7」に装着
「FE 50mm F1.8」を「α7II」に装着

 ソニーは4月8日、フルサイズ対応で3万円台の単焦点レンズや初の300mm望遠レンズなど、ミラーレス一眼「α」用のEマウントレンズ2本を発表した。どちらも4月28日発売予定だ。

FE 50mm F1.8はとにかく軽い! 7枚羽根の円形絞りを採用
FE 50mm F1.8はとにかく軽い!7枚羽根の円形絞りを採用

 50mm単焦点レンズの「FE 50mm F1.8」(SEL50F18F)は、フルサイズ対応ながら税抜希望小売価格3万8000円というコストパフォーマンスに優れたレンズ。

 約186gという軽量ボディーも特徴で、フルサイズ一眼としては小型の「α7」シリーズにベストマッチする。レンズは5群6枚で非球面レンズを1枚採用。7枚羽根の円形絞りにより美しいボケ感を表現できる。最短撮影距離は45cmとなる。

「FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS」を「α7II」に装着したところ
FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSSは854gとやや重め 本体側面にフォーカスホールドボタンを搭載
FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSSは854gとやや重め本体側面にフォーカスホールドボタンを搭載

 「FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS」(SEL70300G、税抜希望小売価格は17万円)は、Eマウントで初となる300mm望遠が可能なズームレンズ。こちらもフルサイズ対応で、APS-C機装着時は35mm判換算で105-450mm相当となる。

 13群16枚のGレンズを採用し、非球面レンズ4枚とED(特殊低分散)ガラス2枚を搭載。内面反射によるフレアやゴーストを抑えるナノARコーテングが施されている。

 最短撮影距離は90cmで、光学手ブレ補正機構も搭載。静かなリニアモーターを採用し、動画撮影時にも利用できる。本体は防塵防滴仕様となっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン