このページの本文へ

天体望遠鏡は最大140倍までの拡大が可能

スマホと専用アプリを使うVRヘッドセットと組み立て式天体望遠鏡が登場

2016年04月05日 12時59分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ボッツニュー Lite」

 エレコムは4月5日、スマートフォンと専用アプリを使って楽しめるVRヘッドセット「ボッツニュー Lite」と、組み立て式スマホ天体望遠鏡「EDG-TLS001」を発表した。4月上旬に販売開始予定。

 ボッツニュー Liteは、専用VRアプリをインストールしたスマートフォンをセットするだけで仮想空間を疑似体験できるVRヘッドセット。4型から6型までのスマートフォンに対応する。2つの焦点を持つレンズにVR映像が投影され、頭の動きに合わせて視界が360度動くVR体験を楽しむことが可能だ。スマートフォンのジャイロ機能を利用したパノラマ映像にも対応している。レンズは、画面のゆがみが少なく目に優しいという日本製レンズを採用している。

ボッツニュー Liteの使用方法

 専用アプリは、ボッツニューの公式サイトからダウンロード可能で、ボッツニューオリジナルVR動画やYouTubeにアップされている3D動画などが視聴できる。通常のYouTube動画も2分割で視聴でき、PANOPLAZA MOVIEで自作した動画をアップロードすることも可能だ。サイズは、およそ幅170×奥行170×高さ100mmで、重さは約25g。価格は5530円。

「EDG-TLS001」

 EDG-TLS001は、はさみと定規だけで作ることができるカートン組み立て式で、スマートフォンの画面で天体観測が可能な光学約35倍の天体望遠鏡。本体レンズとスマートフォンのデジタルズーム機能により、最大140倍までの拡大が可能で、月面のクレーターをハッキリ見ることができる精度を持つとしている。レンズは日本製の光学ガラスアクロマートレンズを採用している。

EDG-TLS001の使用方法

 カメラアプリを使用して画像の撮影や動画の録画も可能。望遠鏡のように覗かなくても拡大した画像を観察できるので、複数人での天体観測も可能だ。底面に三脚取り付け用のネジ穴を装備するほか、未使用時にホコリの付着を防止するカバーが付属している。サイズはおよそ幅420×奥行145×高さ180mmで、重さは約220g。価格は1万5250円。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース