このページの本文へ

見た目もカワイイ!スマホの音を増幅するダンボールのスピーカー

2016年03月31日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマートフォンを置くだけで音声を増幅してくれる、スタンド機能付きのダンボール製パッシブスピーカー「DANSP」が店頭に入荷。テクノハウス東映にて販売中だ。

素材はダンボール、そして当然ながら電源レスなスマホ向けスピーカー。内部構造の工夫で音を増幅する仕組みで、完成後の見た目もなかなか雰囲気がある

 ダンボールでできた一眼レフカメラなどで知られるモノゴから、スマートフォン用のパッシブスピーカーが登場。素材は同じくダンボールで、内部構造を利用して音声を増幅するという、電源いらずのスピーカーだ。

 ペーパークラフトのように組み立てる製品で、スマートフォンのスピーカーを差し入れる内部は、音を増幅するために構造が工夫されている。ダンボールのピースを積み上げて、外装でカバーするだけと手順は簡単。わずかな手間で、いっぱしの外観をもつ“スピーカー”が完成する。

 音の増幅は3dB程度とやや控えめなものの、オシャレなスマートフォンスタンドとしても十分魅力的なアイテムだ。

スピーカー自体は簡易の組み立て式。手順に沿って積み上げて、内部パーツを組み込めば完成だ

 なお、対応するスマートフォンは、iPhone 4~iPhone 6 Plusなど、本体幅が78mm以内で厚みが10mm以内、さらに本体底面の右または左にスピーカーを搭載する機種。

 テクノハウス東映における価格は1780円。カラーはウッドブラック、レザーブラウン、ストーンホワイトの3色をラインナップしている。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン