このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

最新の第6世代Core i5、DDR4メモリー採用

ビジネス向けの高信頼性と性能! 個人でも買える『New Latitude 12 7000』

2016年03月30日 10時00分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
New Latitude 12 7000シリーズ

 12.5インチディスプレーを搭載するデルの法人向けモバイルノートPC『New Latitude 12 7000 シリーズ』。ビジネス向けの耐久性やインターフェースを重視した堅実さが特徴で、オンラインから個人でも購入が可能だ。

 編集部に中位モデルの『New Latitude 12 7000 プレミアムモデル(大容量SSD)』が届いたので、外観や性能をチェックしていく。

New Latitude 12 7000 プレミアムモデル(大容量SSD)の主なスペック
CPUCore i5-6300U(2.4GHz、最大3GHz)
OSWindows 8.1(64bit)
メモリー4GB(DDR4-2133)
ディスプレイ12.5インチ WXGA(1366×768ドット、125.4dpi)
グラフィックスインテル HD グラフィックス 520
ストレージ128GB SSD
光学ドライブなし
インターフェースUSB 3.0×3、SDカードリーダー、HDMI端子、Mini DisplayPort、SIMカードスロットなど
本体寸法幅310.5×奥行き215.15×高さ18.85mm
重量約1.26kg
販売価格15万8734円(送料込)

質実剛健なデザイン

天面。シンプルだが、ヒンジ部分のシルバーが良いアクセントになっている。

 New Latitude 12 7000は、コンシューマー向けで人気の『New XPS 13』や、同じサイズのディスプレーを搭載する2in1タイプの『New XPS 12』などの比較的キャッチーな外観の製品とは異なり、シンプルなデザインを採用。狭額縁や本体のスリムさ、軽さなどの大きな特徴はないが、そのぶん強度が高められており、質実剛健といった印象を受ける。

本体側面部のインターフェースは少なめ。右側面にUSB 3.0ポート、SIMスロット、SDカードリーダー、左側面にはセキュリティースロットを備える
背面にインターフェースが集中。有線LAN端子やHDMI、Mini DisplayPort、USB 3.0×2などを採用している。電源コネクターも背面に接続する

 ビジネス向けということで、インターフェースが充実しているのも本機の特徴だ。USB 3.0×3、SDカードリーダーや有線LAN端子はもちろん、HDMIやMini DisplayPort、SIMカードスロットなども備える充実の仕様。別途専用のドックを用意すればさらにポートが増え、Dsub 15ピンなども接続可能になる。特にオフィスから頻繁にPCを持ち出すような使い方をする場合、ドック側にマウスやディスプレーを接続しておけば戻ってきたときにコネクターを挿し直す必要がないため、積極的に利用したいところ。

キーボードはアイソレーションタイプで、テンキーはない。オプションでバックライトの搭載が可能
本体底面にはドック接続用のポートが

前へ 1 2 次へ

ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー