このページの本文へ

2in1ノート的にも使える! Windows 10とAndroid、両方使えるデュアルOSなタブ

2016年03月26日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オプションのキーボードドックと組み合わせて、2-in-1スタイルで使用できるデュアルOSタブレット「iwork10 Ultimate(Flagship) DualOS」が東映無線ラジオデパート店で販売中だ。メーカーは中国のCube。

オプション品のキーボードと合体すればノートPCライクに使用できる、2-in-1スタイルのデュアルOSタブが発売中だ

 Windows 10 Home(64bit/中文版)とAndroid 5.1を搭載した、デュアルOSタブレットの新モデル。フルHD超のディスプレーやCherry Trailを採用した製品で、オプションによる機能拡張も魅力。同時に入荷したキーボードドックを組み合わせれば、2-in-1スタイルで使用できる。

Windows 10とAndroid 5.1を搭載するデュアルOS仕様。同時に発売のキーボードはマグネット脱着式で、タッチパッドも備えている

 ディスプレーは1920×1200ドットの10.1型IPS液晶を採用し、プロセッサーはIntel Atom x5-Z8300(最大1.84GHz)、メモリー4GB、ストレージ64GBを実装する。

 両面に200万画素のカメラを備えるほか、ネットワークはBluetooth 4.0、無線LANをサポート。バッテリー容量は7500mAhで、インターフェースはmicroUSB、microUSB 3.0、microSDカードスロット、microHDMIなどを搭載している。

キーボードは通常のクラムシェルタイプのほか、逆向きに装着したスタンドモードで合体できる。また、キーボード以外に手書き入力できるアクティブスタイラスペンも入荷している

 東映無線ラジオデパート店にて、タブレット本体が2万8980円、キーボードが6980円で販売中。また、同時に256段階の筆圧感知に対応したアクティブスタイラスペンも入荷しており、こちらは3980円で購入可能だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン