このページの本文へ

45万円の究極ノート! Microsoft純正の「Surface Book」がアキバに登場

2015年11月21日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 タブレット状に分離して使用できる、Windows 10 Pro搭載のマイクロソフト純正ノートPC「Surface Book」が直輸入でアキバ店頭に登場。販売しているのはJan-gle秋葉原本店で、お値段は41万8000円(税抜)と超プレミアムだ。

マイクロソフトが完成させた“究極のノートPC”こと「Surface Book」が店頭で買える! キーボードと端末が分離、タブレット状態でも使える2-in-1スタイルのデバイスだ
端末本体とキーボードは、多関節ヒンジで合体している。最新のハイスペック構成を搭載し、お値段はなんと実売45万円というからビックリだ

 海外で発売されて話題になっていた、マイクロソフト初となる「Surface」シリーズのノートPCが店頭にやってきた。タブレットとして使用できるディスプレーとキーボードが分離するデタッチャブルノートで、タブレット状態ではCore i7搭載マシンとして最薄・最軽量。マイクロソフトが「Ultimate laptop」と称する、MacBook対抗のウルトラハイエンドノートだ。

 本体とキーボードは、特徴的な多関節ヒンジ「Muscle Wire」で合体している。キーボードのボタンを押すことで分離する仕組みで、キーボード側にはNVIDIA GeForce GPUや各種インターフェースが搭載されている。

軽量・高剛性なマグネシウム合金を採用するボディー。3Kディスプレーを搭載し、手書き入力用のスタイラスペン「Surface Pen」も同梱されている

 ディスプレーは解像度3000×2000ドット(267ppi)の13.5型「PixelSense Screen」を採用。1024段階筆圧感知に対応する「Surface Pen」を使用した手書き入力も可能だ。

 なお、入荷したのは、プロセッサーがSkylake世代のCore i7-6600U、メモリー16GB、ストレージに512GB SSDを実装する上位モデル。ネットワークはBluetooth 4.0、IEEE 802.11acの無線LAN(2×2 MIMO)に対応する。

 ちなみにJan-gle秋葉原本店に入荷したは1点のみ。現状では海外でも品薄が報じられており、国内における発売も未定だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン