このページの本文へ

Curieモジュールを搭載した開発ボード

インテル、一般向け開発ボード「Genuino 101」を日本で発売

2016年03月23日 14時03分更新

文● 佐藤 正人(Masato Sato)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
開発ボード「Genuino 101」

 インテルは3月23日、一般向けの開発ボード「Genuino 101」を国内で3月24日より発売すると発表した。価格はオープン。

 Genuino 101は、小型で低消費電力なCurieモジュールを搭載した開発ボード。Bluetooth LEや6軸センサー(加速度/ジャイロスコープ)を備えており、スマートデバイスやインターネットに接続可能なデバイスを開発できるという。

 ボードサイズは幅53.4×長さ68.6×高さ20mmで、重さは25.5g。クロックスピードは32MHz。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン