このページの本文へ

Intel「Galileo Gen2」

インテル製Arduino互換開発ボードの新モデル「Galileo Gen2」

2014年08月02日 22時40分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Arduino互換のインテル製開発ボードに新モデル「Galileo Gen2」が登場。今日から販売がスタートした。今年1月に発売された「Galileo」の後継モデルだ。

Arduino互換のインテル製開発ボードの新モデル「Galileo Gen2」

 Galileoは、C/C++をベースに開発されたArduino言語と開発基板で構成される、統合開発環境「Arduino」互換の開発用ボード。「Galileo Gen2」となり、新たに基板サイズが72×123.8mmに大型化(「Galileo」は70×100mm)されたほか、Linuxデバッグ用の3.5mm RS-232Cジャックが6pin USB UARTヘッダに変更。

 さらに、標準的なFTDI USBケーブルに対応するシリアルUARTピンヘッダや、12本のネイティブGPIOなど、インターフェース周りを強化。さらに、7V~15Vのワイドレンジ電圧の対応、PoE 12V対応など、電源周りも改善されたとしている。

従来モデル「Galileo」(下)との比較。新たに基板サイズが72×123.8mmに大型化されているのがわかる

 そのほかの基本スペックは変更なし。400MHzの「Quark SoC X1000」を搭載し、メモリーはDDR3 256MBと512KBのSRAMを搭載。ストレージは8MB NORフラッシュと8kbit EEPROMが実装され、最大32GBまでのmicroSDHCカードを増設できる。ピン互換性はArduino Uno R3に準拠。IDEはWindows、Mac OS、Linuxホストに対応し、Yocto 1.4 Poky Linuxをサポートする。
 価格は以下の通りだ。

付属品はACアダプタ、各国用電源変換プラグなど従来と変わらず

価格ショップ
「Galileo Gen2」
¥7,880テクノハウス東映
東映ランド
パソコンハウス東映
¥7,980BUY MORE秋葉原本店
¥8,186ドスパラ パーツ館

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中