このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団第86回

どうしても邪魔なら、機能を無効にすることはできる

Windows 10で「変更を加えることを許可しますか?」って出るのが邪魔

2016年03月20日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

アプリがWindowsに重要な変更を行おうとすると、画面が暗転し、UACのダイアログが出る

調査依頼
「変更を加えることを許可しますか?」って出るのが邪魔

 アプリをインストールするときなど、画面が暗転し「このアプリがPCに変更を加えることを許可しますか?」とダイアログが出ることがある。「はい」か「いいえ」をクリックするまでは操作不能になるので、邪魔に感じるかもしれない。

 これは「ユーザーアカウント制御」(UAC)と呼ばれるWindows 10のセキュリティ機能の動作によるものだ。本来は、ユーザーが意図しない状況で、アプリがWindowsの重要な設定を変更するのを防止する機能。ダイアログの「いいえ」をクリックすると、実行されずに終了するのだ。

コントロールパネルから「セキュリティとメンテナンス」→「ユーザーアカウント制御設定の変更」を開く
Windows 10の初期設定は上から2番目。ゲージを動かして、「OK」をクリックすれば設定を変更できる

 UACの挙動はコントロールパネルから、4段階で変更することが可能だ。初期設定では、アプリが重要な変更を加えようとする場合に通知するというもの。上から2番目の設定だ。一番厳しくなると、ユーザーがWindowsの設定を変更するときにも表示されるようになる。下から2番目だと暗転しなくなり、一番下が無効になる。

一番下に動かすと無効にできる
一番厳しくすると、ユーザーがWindowsの設定を変更する場合でもUACの画面が開く

 暗転しなくなるとダイアログがウィンドウの陰に入ったりして、何が起きているのかわからなくなることがあり、メリットがない。自分のPCであれば、一番厳しくする必要もない。有効か無効かの2択となるだろう。

暗転だけが嫌なら、下から2番目に設定するといい

 UACは不正なプログラムの侵入を許したときでも、管理者レベルの変更を防止することができる。水際で被害を食い止めることができるので、PC初心者ほど有効にしておくことをお勧めする。とは言え、UAC機能はWindows Vistaから搭載されている機能で、筆者はこの10年間UACが活躍したところを見たことがない。どうしても邪魔なら、自己責任で無効にするのもありだろう。


これでズバッと解決!

 不正なプログラムの実行を防ぐセキュリティ機能なので、できればそのままにしておこう。どうしても邪魔なら、機能を無効にすることはできる


 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン