このページの本文へ

オヤジホビー-ワタシが好きな物はみんなも好き、かもしれない- 第18回

多肉植物の寄せ植えをジオラマっぽく作ってみました

2016年03月20日 17時00分更新

文● にゃかむら(@TK6506)、編集●アスキー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

寄せ植えを作ってみます

 土の袋に書かれた植え替えのやり方をみつつ、ネットで寄せ植えの情報を探して挑戦です。まず最初は底の石。庭に蒔いてある軽石のような石から小さめな物をいくつか拾って敷き詰めました。そこに土を入れていきます。

全部土だと水はけが悪そうなので、底に石を敷きました

土を入れます。植えているうちに根に付いた土で増えていくので、半分ぐらいでよさそうです

 鉢を軽く叩いたりしてなるべく丁寧に取り出し、根に付いた土を落とします。本当はここで数日根を乾燥させるらしいのですが、待ちきれずにすぐに植えてしまいました。根腐れに気をつけないと。

根をぐにぐにと揉んだり軽く叩いたりして土を落とします

 根の隙間に土をいれつつ植えてあげます。割り箸などで周囲を突っついて馴染ませるといいみたい。レイアウトを何となく考えつつ植えていきます

ひとつ目を植えました

同じようにしてどんどん植えていきます

できました!

 買ってきた土にはネルソルという水で固まる土が付属していました。これがあると崩れにくくなるので、寄せ植えがやりやすいみたいです。植えた土の表面に撒いていき、最後にジョウロで水を撒きました。

ネルソルを撒いて水で濡らします

 ネルソルは機能的にはよさそうなのですが、残念なのがその色と質感。せっかく荒れ地っぽくて明る目な色の土だったのに、すっかり畑っぽくなってしまいます。そこでそれをカバーするため、カラー砂を撒きます。青や緑、赤、黄色、ピンク、白などいろいろありましたが、一番自然っぽかったベージュを選びました。

細かくてサラサラの砂。安かったし、普通のジオラマにもいいかも

砂を撒いたら明るくなりました!

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ