このページの本文へ

OCZ、新型SSD「Trion 150」と同社初のM.2 SSDを発表

2016年03月11日 22時00分更新

文● 北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 OCZ Storage Solutionsは、SATA接続の2.5インチSSD「Trion 150」の報道関係者向け説明会を都内で開催した。発売は3月18日ごろ。価格は未定ながら、従来製品「Trion 100」と同等にしたいとのこと。

OCZの新型SSD「Trion 150」

 Trion 150シリーズは、東芝の最新15nm TLC NANDフラッシュ技術を採用したSSD。シーケンシャルリードは最大550MB/s、シーケンシャルライトは最大530MB/sで、ランダムライトは9万1000IOPSという性能。

説明会に登壇するOCZのマーケティングディレクター アラン・チャン(Alan Chang)氏

 表面的な仕様は「Trion 100」シリーズと同じだが、ファームウェアを改善したことで、最大50%のパフォーマンスアップを、実際のファイル転送などで実感できるとしている。

 とくに、読み込みと書き込みが同時に発生するようなシーンでより差が現れるため、データドライブとしてより、OSをインストールしたシステムドライブでの運用に向いているという。

東芝の最新15nm TLC NANDフラッシュの採用とファームウェアの改善で、最大50%高速化を実現する
主なスペックと競合製品との比較。ラインナップは、120、240、480、960GBの4つ。「Trion 150」は低容量のSSDでも優れた性能を発揮するという
書き込み性能の向上とキャッシュの最適化により、実際のファイル転送などの多くの状況で速度を実感できるという他社にはないサポートに「シールド・プラス保証」がある。製品に不都合があった場合は新品を送付。交換品到着時に故障したSSDを返送する仕組みだ

OCZ初のM.2 SSD「RevoDrive 400」を
4月末~5月に投入予定

 発表会の最後に、NVMe対応のM.2 SSD「RevoDrive 400」についても説明があった。東芝の15nm MLC NANDフラッシュを採用し、容量は240、480、960GBの3種類を用意。4月末~5月に発売する予定だ。

 製品はM.2 SSD単体モデルと、M.2スロットをアドオンしたPCI Expressカードが付属するモデルの2タイプを展開する。

M.2 SSD「RevoDrive 400」を4月末~5月に発売予定。価格は未定

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中