このページの本文へ

24コアCPU・フルSSDのゲーム向けサーバーもあわせて提供開始

IDCFクラウド、ゲームアプリ開発の負荷テストを無償提供

2016年03月11日 07時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月11日、IDCフロンティアはゲームアプリのシステムに対する負荷テストサービスを無償提供すると発表した。IDCFクラウド上で開発中のゲームアプリを対象としており、実利用を想定した負荷試験とIDCFのエンジニアによるサーバー構成のサイジングを提供する。

IDCフロンティアの負荷テストサービス

 負荷テストサービスでは、人気ランキング上位のアプリ規模に相当する同時接続数3万人や、秒間6万リクエスト相当の負荷を疑似的に生成することが可能。最大1か月間利用可能で、実施対象のタイトル数や負荷テストの回数は無制限。負荷生成サーバー最大20台、管理サーバー1台で構成し、負荷ツールにはJMeterを採用。テストサーバー環境はIDCFクラウドとは分離して構築し、本番稼働と同等の負荷を再現できるという。

 また、IDCフロンティアでは、ゲームシステムにも最適なクラウドサーバー「HighIO 3XL128」の提供を開始する。HighIO 3XL128は、24コアのCPUとディスクにSSDを全面採用し、高いI/O性能を発揮する。最上位モデルに次ぐ処理能力と安定性を月額9万8000円で提供するという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ