このページの本文へ

直販価格3万7800円から

final、最上位の製法取り入れたチタン振動板ヘッドフォン「SONOROUS III/II」

2016年02月18日 15時20分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
SONOROUS III

 エスネクストは2月18日、finalブランドのヘッドフォン「SONOROUS III」と「SONOROUS II」を発表した。

「SONOROUS X」で採用したフロントプレートとドライバーユニットを一体化する製法を取り入れた

 2015年10月発売のフラッグシップヘッドフォン「SONOROUS X」で採用したフロントプレートとドライバーユニットを一体化する製法を取り入れた。素材はガラスを混合して強化したポリカーボネイトで、振動板にはSONOROUS Xと同じくチタンを採用している。ハウジングは硬質ABS樹脂で、シボ塗装仕上げ。

SONOROUS II

 音質の調整を繰り返し、製品化の候補にあがった2種類の音質をIIIとIIとしてそのまま販売することにしたという。違いはイヤーパッドの素材と部品構成で、IIIはモニターライクで広い音場が特徴、IIは広域の倍音再生に特化し、情報量の多いサウンドとしている。

 主な仕様はいずれも共通で、インピーダンス16Ω、感度105 dB/mW、重量およそ410g、ケーブル長150cm(着脱式)。直販価格はSONOROUS IIIが4万3800円、SONOROUS IIが3万7800円。3月10日に発売する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン