このページの本文へ

CORSAIR「VOID RGB Wireless」

50mmドライバー採用で7.1ch対応のワイヤレスヘッドセット

2016年02月16日 22時19分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 50mmの大口径ドライバーを採用するワイヤレスゲーミングヘッドセット「VOID RGB Wireless」シリーズがCORSAIRから発売された。

50mmの大口径ドライバを採用するワイヤレスゲーミングヘッドセット「VOID RGB Wireless」シリーズ

 「VOID RGB Wireless」シリーズは、50mmネオジウムドライバーを採用したワイヤレスゲーミングヘッドセット。Dolby 7.1chサラウンドシステムに対応し、ゲーミングシーンだけではなく音楽や映画鑑賞においてリアルで臨場感溢れるサウンドを提供する。

 本体は、左イヤーカップ後端にオーディオ設定を切り替え可能なCUE Controlを搭載。ボリュームコントロール、プロファイルの切り替え、ドルビーサラウンドのON/OFFが可能。また、側面のスイッチは電源ON/OFF、マイク機能のON/OFFとサイドトーン機能のON/OFFスイッチを備えている。

 マイク先端部分にはヘッドセットのステータスを表示するInfoMic機能を装備。マイク消音時、サイドトーンON/OFF時に赤色のLEDが点滅し、プロファイル切り替え時に緑色のLEDが点滅する仕組みだ。

Dolby 7.1chサラウンドシステムに対応し、ゲーミングシーンだけではなく音楽や映画鑑賞においてリアルで臨場感溢れるサウンドを提供。クッション付きヘッドバンドとイヤーキャップにより快適な装着性を実現した

 そのほか、独自開発された先進のドライバソフト「Corsair Utility Engine」により、プリセットされたイコライザの切り替え、Red、Green、Blueの3つのLEDによる約1680万色のLEDバックライトカラーの設定に対応。バッテリー消費を防止するオートオフ機能はプリセットから任意の時間を設定できる。

 基本スペックは、ヘッドホン部の感度は107±3dB、周波数特性20Hz~20kHz、インピーダンス32kΩ@1kHz、マイク部の感度は-38dB±3dB、周波数特性100Hz~10kHz、インピーダンス2.2kΩ。無線帯域は2.4GHz帯で、無線通信距離は最大12m、バッテリー駆動時間は最大16時間となる。

 サイズは205(W)×100(D)×220(H)mmで、重量は約376g。ラインナップはブラックモデル「CA-9011132-AP」と、PC本体からアクセスポイントを1.5m延長できる専用のベースステーションが付属するイエローモデル「CA-9011135-AP」。価格は以下の通りだ。

イエローモデル「CA-9011135-AP」は、PC本体からアクセスポイントを1.5m延長できる専用のベースステーションが付属する
価格ショップ
「CA-9011132-AP」
¥19,800BUY MORE秋葉原本店
¥19,947パソコンショップアーク
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
「CA-9011135-AP」
¥22,580BUY MORE秋葉原本店
¥22,636パソコンショップアーク
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中