このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団第69回

「フォト」アプリで編集も可能

Windows 10でデジカメのRAW画像を閲覧・編集する方法

2016年02月08日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

.CR2のRAW画像を読み込んだところ。普通のJPEG画像のようにサムネイルが表示される

調査依頼
Windows 10でデジカメのRAW画像を閲覧・編集したい

 デジ一眼などでは、画像の生データをRAW形式で保存できる。RAW形式はカメラに付属する現像アプリや、「Adobe Lightroom」といったソフトで調整し、JPEGなどで保存できる。しかし、そこまで凝った編集などは行わず、ただ閲覧したい、というニーズもあるだろう。そんなとき、Windows 7であれば、「Microsoftカメラコーデックパック」をインストールすることで表示できたのだが、Windows 10にはインストールできない。

「フォト」アプリで読み込んで、編集しているところ

 とは言え、ご安心を。Windows 10は標準で、RAW形式のファイルに対応しており、閲覧するだけでなくサムネイル表示や簡易的な編集も可能だ。

 試しに、キヤノンのデジカメで撮影したRAW画像を取り込んでみた。拡張子は「.CR2」でサイズは1枚20MBほど。とは言え、すぐにサムネイルが表示されるので、JPEG画像のような感覚。標準の「フォト」アプリで開けば、全画面表示が可能。編集機能でトリミングしたり色や露出の調整をしたり、フィルターを適用したりできる。編集後は、「コピーを保存」からJPEG画像として保存すればいい。

コピーを保存すれば、JPEG画像で出力できる

 なお、表示できないRAW形式がある場合は、フィードバックするようにWindowsブログで呼びかけている。カメラの機種によっては、対応してくれるかもしれない。


これでズバッと解決!

 閲覧や簡易的な編集なら、ツールのインストールは不要。標準機能で対応しており、「フォト」アプリで編集も可能


 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン