このページの本文へ

ちょっと不気味!? クマやパンダデザインのLEDセンサーライトが販売中

2016年02月04日 22時49分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クマやパンダデザインのLEDセンサーライト「LEDセンサーライト・クマ科のどうぶつ編」が上海問屋から登場。ドスパラ パーツ館で販売中だ。

LEDセンサーライト「LEDセンサーライト・クマ科のどうぶつ編」。暗闇で光ると、意外な一面。少し怖いかも

 発売されたのは、夜間照明や防犯ライトに役立つLEDセンサーライト。「キュートな見た目に反して、暗闇で人を感知し自動点灯・消灯する、働き者」という製品で、見つめられると「しれっ」と目をそらしてしまう照れ屋の「しれっクマ」。怪しい来訪者に「だれやねん」とにこやかにスゴむ「だれパンダ」の2モデルが用意される。

 背面のスイッチにより、ONで常時点灯、AUTOで人感センサーモードとなり暗闇で自動点灯/消灯する仕組み。電源は単4乾電池×3。付属品として取り付け用ブラケット、簡易マニュアル(英語)、両面テープ、ネジ×2、フィッシャープラグ×2が付く。

 価格は575円(税抜)。

「しれっクマ」(左)と「だれパンダ」(右)の2モデルを販売している

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ