このページの本文へ

桐島P企画のアイドル×ギークのストリーミング番組が楽しい!

2016年02月02日 23時01分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アイドル×ギーク=最高か!
桐島ローランドプロデュースの生放送に潜入!

 カメラマンとして有名な桐島ローランドさんが、実はガチな自作マニアというのはPC業界では有名な話。先日も「Windows 10 ファン感謝祭 2016」に登壇するなど、デジタルと密接な関係を築いている。

 そんな桐島さんが企画したストリーミング番組が、2月1日からスタートした。その名も「アイドルGEEKERS」。文字どおり、カワイイ女の子たちがデジタルガジェットなどをはじめ、ギークなものを体当たり取材する番組だ。番組のホストはもちろん桐島さんで、アシスタントはグッドスマイルレーシングのレースクイーンでおなじみの水谷望愛ちゃんと、高学歴インテリアイドルの広川いくちゃんだ。

 桐島さんにこの番組を企画した理由を聞くと「モノを買うときに、雑誌やウェブサイトを参考にすると思うんですけど、広告が入っていたりすると公平な意見が見えない。なので、自分が見たいと思うレビューをするために番組を立ち上げました」とのこと。アイドルとギークという組み合わせについては「ギークじゃない女の子たちがギークに染まっている過程をみなさんに楽しんでもらえると思う」とのことで、将来的には女の子だけで番組をまわしていけるようにしたいそうだ。

番組プロデューサーであり、カメラマンかつ自作マニアの桐島ローランドさん

 初回の放送だったので回線のトラブルなどに襲われたが、PC系ライターの高橋敏也氏による自作の歴史解説や桐島さんによる製品レビュー、望愛ちゃんといくちゃんによるNUC組み立てタイムアタックなど、延長して2時間半、濃密な生放送が行なわれた。なお、途中で収録のVTRを流すシーンもあり、バラエティー番組のような構成になっているのでエンタメ性も高い。

番組冒頭15分間は望愛ちゃん(左)と、いくちゃん(右)のフリートークが展開。放送事故になるかならないかのギリギリのトークは見てるほうもハラハラ!
途中から桐島さんと、ライターの高橋敏也氏が加わって、ガチなガジェットトークが繰り広げられ、女の子たちは置き去りに

 今後は月1ペースの配信で、次回は3月7日(月)の21時から。桐島さんのムチャ振りに右往左往する女子と最新ガジェットを愛でたい人は、公式チャンネル(下記)を要チェック!

今回の目玉企画だった、女の子によるNUC組み立てタイムアタック。ギガバイトのBRIXを渡され「じゃあ作って」というムチャ振りから始まった
説明書を見たりしながら懸命にPCを組み立てるふたり。そこに強力な助っ人が!寅さんは、桐島さんのお友達のプログラマー
ネジが足りなかったりした部分はあるものの、制限時間以内に組み立て完了! モニターを見ればわかるが、しっかり動作している。望愛ちゃんもいくちゃんも、初めての自作PCに興奮気味だった

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中