このページの本文へ

深刻化するドライバーや運行管理者の不足に対応

物流の配車・基幹業務を革新、富士通の「Logifit」

2016年01月27日 13時00分更新

文● 川島弘之/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通は1月27日、物流業務を革新する「Logifit」シリーズに「基幹業務」と「配車支援」の新製品を追加した。物流業界で深刻化するドライバーや運行管理者の不足に対応する。

 「基幹業務」としては、輸配送業者向けに「Logifit TM-基幹」を提供する。輸配送における受注、配車管理、売上・請求・支払管理、経営収支などを一括して行える。

 また、使用トラック台数で料金換算する「ルート配送」、荷主が複数発生する「複数積降配送」、専門の配送業者に委託する「中・長距離輸送」など、それぞれで異なる輸送形態に対応した販売管理機能を搭載。輸送形態をシステム上で選択するだけで、その形態ごとの請求や支払が可能となる。

 富士通の倉庫業務管理や運行管理などの他システムとも連携し、運送に関する統合的な収支管理が行える。さらに財務会計・人事給与システム「GLOVIA」シリーズの標準インターフェイスを搭載しているため、運行時間の実績といった労務情報や、請求・支払・債務などの仕訳情報を的確に連携させ、決算を早期化できるという。

 価格(税別)は、フルモデルが2800万円、標準モデルが1400万円、ミニマムモデルが700万円。2月中旬から提供する。

「Logifit TM-基幹」のシステム概要

 「配車支援」としては、輸配送業者や業務の一部に配送業務を持つ企業向けに「Logifit TM-配車」を提供する。適切な配送ルートや積荷量、委託配送業者などを計画できる。

 日々変動する車両や荷物に関して、最適な配送ルートや積載量を自動で計画する機能に、「中・長距離輸送」および「配送途中の積込・荷卸」を対応させたほか、算出された配車計画の確認時に、マウスのドラッグ&ドロップによる手動調整できる機能を搭載。よりスピーディーかつフレキシブルに配車計画が作成できるようになった。

 また、配送する方面ごとに異なる各配送業者の運賃表から、採算を意識したルート組みや委託配送業者の選定も行えるように。車両単位の採算が把握できるため、不採算ルートの見える化が可能という。

 そのほか、運行管理システム「Logifit TM-NexTR」の標準インターフェースを搭載し、配車計画データと実際の運行の進捗状況を照らし合わせることで、予実管理などが行える。

 価格(税別)は、220万円から。2月中旬から提供する。

「Logifit TM-配車」のシステム概要

カテゴリートップへ

ピックアップ