このページの本文へ

「GALLERIA XT」でドラクエ、FFのベンチマークソフトを稼働させてみた

2016年01月14日 11時00分更新

文● MOVIEW 清水、編集●オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

価格と性能のバランスが良い、ミドルクラスPC「GALLERIA XT」のパファーマンスを見る

 「GALLERIA XT」がゲーミングPCとして、実際のゲームを稼働させた場合、どのレベルのパフォーマンスを発揮するのかを測るべ、ゲームの定番ベンチマークテストを実施してみた。

「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」ベンチマーク

 おなじみの「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」ベンチマーク。全画面表示で1980×1080の解像度、DirectX 11で計測した。

空や草木、川の流れといった自然の表現やメカ、それからドラゴンなどの生物の表現をチェックすることができる「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」ベンチマーク

 ベンチマークのスコアは下記のような結果となった。

1920×1080 高品質 DirectX 11 スコア8063

1920×1080 最高品質 DirectX 11 スコア7026

 美麗なグラフィックが特徴のゲームだが、そのビジュアルを特に損ねることはなかった。基本的は7000点以上あれば快適なプレイができるので、最高画質でプレイしてもストレスなく遊ぶことができるだろう。

「ドラゴンクエストX」ベンチマーク

 こちらもおなじみの「ドラゴンクエストX」ベンチマーク。このベンチマークでは多くのキャラクターが同時に動くが、その動きに遅延はなく、スムーズなアニメーションを見ることができる。

多くのキャラクターが一画面に登場する「ドラゴンクエストX」ベンチマークだが、動きに遅延などは見られなかった

 このソフトも1980×1080の解像度、全画面で計測してみた。

1980×1080 低品質 スコア20234

1980×1080 標準品質 スコア18989

1980×1080 最高品質 スコア18450

 低品質で2万点を超えるスコアが出たほか、標準品質と最高品質ではスコアの差はほとんどないので、特にグラフィック設定を落とすことなく最高品質でプレイしても問題ないだろう。

 全体としては、ハイスペック機には届かないにせよ、ゲームを快適に遊ぶという点では特に問題はなく動作するPCと言える。スペックと価格を考慮して13万円前後でこのパフォーマンスが出せるのはうれしいところだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ