このページの本文へ

スマホアプリ『流星キャッチャー』で流れ星をつかまえろ

今夜は今年最後の「ふたご座流星群」、観測できなくてもウェザーニューズが生中継

2015年12月14日 16時15分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
今年の観測チャンスは!?

 ウェザーニューズは12月14日、本日(14日夜~15日早朝)が観測のピークとなる「ふたご座流星群」を楽しむため、インターネット番組やスマホアプリで生中継を実施すると発表した。

 同社の24時間ライブ放送インターネット番組「SOLiVE24」にて特別番組を組み、全国7カ所から流星の同時中継。さらにスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の『星空 Ch.』では星が流れてから3分以内に流星動画をスマホへ届けるサービス『流星キャッチャー』や、流れた星の数を全国の会員と一緒に数えて楽しむコンテンツ『流星カウンター』を開始する。

スマホ向けアプリでは流星が確認されたら3分以内に動画を配信

 国立天文台によると、ふたご座流星群は毎年多く出現しており、ピーク時には1時間に40個以上の流星が見えることもあるとしている。ウェザーニューズによる気象予測では、14日夜~15日早朝は全国的に雲が多いものの、北日本や北陸、近畿では観測の機会は多いという。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン