このページの本文へ

冬のボーナスセール開催中のパソコン工房でLEVE∞のゲーミングPCをお得に買おう!

冬ボで頑張ったご褒美に、10万円ちょっとで買えるゲーミングPCを厳選!

2015年11月30日 09時00分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
10万円ちょっとで、ある程度ゲームも快適にプレーできそうなゲーミングパソコンをチョイスしてみた

 PCゲームをプレーするためのゲーミングパソコンは、もちろんハイスペックなマシンがいい。しかし、理想のスペックを手に入れるには、その分お金が必要だ。もちろん、しっかり資金を貯めて、ビシッとなんでも快適に動くパソコンを手に入れれば問題ないのだが、日々の生活をこなしながらそこまで資金を貯めるとしたら、私の場合気が遠くなるくらい時間がかかるだろう。

 とはいえ、ゲーミングパソコンはほしい。日々新しいゲームが登場し、Steamで不定期に開催されるセールを見ては「ああ、ゲーミングパソコンを購入しておけば」と遠い目をする日々ともおさらばしたい。ゲーミングパソコンに現状出せる資金はいくらくらいだろうか? と考えたとき、やはり10万円ちょっとだなと思った。

 ゲーミングパソコンがほしいけど、20万円も30万円もかけられないよ! という人は少なくないはず。ということで、パソコン工房のウェブ通販サイトでLEVEL∞ブランドのゲーミングパソコンの中から10万円ちょっとで、ある程度ゲームも快適にプレーできそうなマシンを探してみた。

ミドルタワーパソコン「R-Class」でGeForce GTX 960搭載

「Lev-R017-i5K-RM」

 1つ目は、ミドルタワーケースを採用する「R-Class」の「Lev-R017-i5K-RM」。主なスペックは、Core i5-6600K(3.5GHz)、GeForce GTX 960、Z170チップセット、8GBメモリー、1TB HDDという構成だ。OSはWindows 8.1 Update(64bit)を採用している。価格は13万659円。また、現在パソコン工房で冬のボーナスセールが開催中で、こちらも価格が11万9859円になっている(11月27日現在、以下同)。

 ミドルタワーケースで、空いている拡張スロットや3.5インチベイもあるので、後からさらにお金を貯めてストレージなどを強化したい人に向いているだろう。Steamでゲームをプレーする場合は、ストレージ容量も重要となってくるので、さらに資金を貯めてHDDとSSDを併載するマシンに強化するのもありではないだろうか。

AMDを選びたいならこの2機種!

静音ケースを採用する「S-Class」

 続いて、AMDのGPUを搭載しているマシンを紹介する。静音ケースを採用する「S-Class」の「Lev-S2AM-A10K-TZ」と、小型なMini-ITXを採用する「Lev-C000-i5-TZ」だ。

 Lev-S2AM-A10K-TZは、サイドパネル・フロントパネルに吸音スポンジ装備し、高い静音性を実現しているのが特徴だ。また、電源ユニットを底面に備えることで、ケース内のエアフローを妨げない仕様になっているという。ある程度負荷のかかるゲームをプレーしているときに、起動音が大きくなってしまい集中の妨げになることを極力避けたいという人にS-Classはオススメだ。

吸音スポンジを装備電源ユニットを底面に設置

 主なスペックは、A10-7870K(3.9GHz)、Radeon R9 285、A88Xチップセット、8GBメモリー、1TB HDDという構成だ。OSはWindows 7 Home Premium(64bit)を採用している。価格は11万6619円。

「Lev-C000-i5-TZ」

 Lev-C000-i5-TZは、小型ながら拡張性に優れたMini-ITXケースを採用し、小型ながら350mmの大型GPUが搭載できるほか、ストレージの拡張も可能。部屋が狭く、タワーパソコンの置くスペースを確保できないという人はC-Classをオススメしたい。

 主なスペックは、Core i5-4590(3.3GHz)、Radeon R9 285、H81チップセット、8GBメモリー、1TB HDDという構成だ。OSはWindows 8.1 Update(64bit)を採用している。価格は10万7979円。また、こちらも冬のボーナスセール対象機種となり、価格は10万2579円となっている。

Core i7は欲しいという人にオススメ!

「Lev-M015-i7-TM-MGS」

 最後に、CPUはCore i7がいい! という人にオススメなマシン。ミニタワーケースを採用する「S-Class」の「Lev-M015-i7-TM-MGS」だ。ストラテジーゲームや、箱庭系で街中でCPUが自由に動き回っているゲームなどがプレーしたい場合は、パソコンのCPUの性能は重要になってくる。また、CPUを強化したい場合はマザーボードごと変えなくてはいけない確率も高くなるので、強化するときに手間がかかるのが嫌だという人は、ちょっと頑張ってCore i7搭載マシンを購入したほうがいいだろう。

 Lev-M015-i7-TM-MGSの主なスペックは、Core i7-6700(3.4GHz)、GeForce GTX 970、H170チップセット、8GBメモリー、1TB HDDという構成だ。OSはWindows 8.1 Update(64bit)を採用している。価格は、15万5499円。こちらも冬のボーナスセール対象で、価格は14万4699円になっている。15万円までならなんとか用意できる! という人は、こちらを選択してみてはいかがだろうか。

さあ、年末はゲーミングパソコンでPCゲームを満喫しよう!

 そろそろ2015年も終わる。11月に発売した「スター・ウォーズ バトルフロント」のほか、12月17日には「Fallout4」も発売になる(海外版はSteamで発売済み、12月17日0時より日本語版が発売)。社会人の人たちは、ボーナスを手にしているひともいるだろう。1年間頑張ったご褒美として、ゲーミングパソコンを購入して、ゲーム三昧な年末を過ごしてみてはいかがだろうか。

カテゴリートップへ